メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「復興五輪」がなぜ悪い――東京五輪招致再挑戦の徹底議論を

松瀬学

松瀬学 ノンフィクションライター

私は東京都の2020年夏季五輪招致を支持する。先日、ラジオでそう漏らしたら、リスナーから猛烈な批判をあびた。罵詈雑言まで頂戴した。おしなべて東京都民には五輪招致反対の人々が多いのだろうか。

 なぜだろう。過激な石原慎太郎都知事の個性ゆえ、必要以上に反発を招いているのかもしれない。丁寧な説明が不足しているのではないか。まずは都議会で徹底議論し、賛否をじっくり考えてみるべきだろう。

 日本オリンピック委員会(JOC)の招致要望を受け、石原知事は言った。「心中、たいまつの灯は消すまいと決めております。やっぱりね、みんなで肩組んでやらないと、ラグビーのスクラムだって、相手に押し切られてしまう。震災に見舞われ、日本人が精神的に立ち直らなければならないと念じている」と。

 どだい東京都の五輪招致再挑戦は既定路線だった。一昨年の10月、東京が16年五輪招致に失敗した直後、石原知事は再挑戦に意欲を示していた。三月に東日本大震災が起きた。不幸な出来事ながら、「復興のシンボルに」という大義名分ができた。強敵とみられた南アフリカが20年五輪招致を断念したことでチャンスも膨らんだ。

 国際オリンピック委員会(IOC)への申請締め切りは9月1日である。都議会が始まる前の知事の意欲表明は当然であった。「議会対策」のためだろう、JOCやスポーツ選手が知事や議会の各会派を訪ね、立候補をお願いしたのだった。これは妙な話だが。

 反対意見はおおむね、都民の税金を五輪招致に振り向けるのは許さない、といったものだろう。五輪招致よりも、被災地や被災された方々への復興支援を優先するべきだ。あるいは都民の社会福祉に回せ、エネルギー対策や安全確保に使えといったものだろう。そりゃそうである。

 ただ、それでも五輪招致には意義がある。大震災のあと、ほとんどの国民が「つらいけど、みんなでがんばろう」という心境になっている。その小さな火を、五輪を招致することで大きくはできまいか。なんといっても五輪は子どもたちに夢をあたえる。将来への投資となる。そう信じている。

 五輪招致は1回目より、2回目のほうが合理的にできるに決まっている。活動費にしても、

・・・ログインして読む
(残り:約445文字/本文:約1348文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松瀬学

松瀬学(まつせ・まなぶ) ノンフィクションライター

ノンフィクションライター。1960年、長崎県生まれ。早稲田大学ではラグビー部に所属。83年、早大卒業後、共同通信社入社。運動部記者としてプロ野球、大相撲、オリンピックなどを担当。02年に退社。人物モノ、五輪モノを得意とする。著書に『汚れた金メダル』(ミズノスポーツライター賞受賞)、『早稲田ラグビー再生プロジェクト』、『武骨なカッパ 藤本隆宏』。

松瀬学の記事

もっと見る