メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

全英ゴルフ、自称「最後の優勝」を称える

倉沢鉄也

倉沢鉄也 日鉄総研研究主幹

筆者はかつて、5月下旬から7月下旬にかけて、毎年寝不足の日々を続けていた。それは自分の好きなヨーロッパのスポーツイベントが目白押しで、これをヨーロッパ時間の生中継で見ようとしていたからだ。2011年に至り、そのほとんどは有料放送に移行し、結果もネットで詳細に把握できるようになった今、地上波テレビで以前と変わらず充実した内容を見られるのは、17日に終了した全英オープンゴルフくらいになってしまった。

 個人的にはゴルフはほとんど未経験で、観戦者としてもジャーナリストとして論じるほどの知見もない。ただ、数あるゴルフトーナメントの中でこの全英オープンゴルフは、世界最古のスポーツ大会ゆえの名称である「The Open Championship(英国ともゴルフとも名乗らない『選手権大』」)」の伝統的運営を随所に見せ、ゴルフ発祥の姿を想像させる海岸沿いの荒地の風景の中、世界のトッププロがパープレイにすら苦しみ、ときに素人のようなミスを犯す姿を見ると、自然対人間のゲームとしての究極の姿、聖なる姿を感じさせてくれる、という理由で、長らく見続けている。ゴルフの専門家の方からは、これが最高峰の大会と呼ぶべきかの異論もあろうが、それはおそらくテニス界における全英オープン(ウインブルドン)の位置づけと同じで、特殊な条件下での偏った技術を持つ選手が勝ちやすく、ワールドツアーでの真の実力世界一決定戦とは言いきれないが、しかし聖地であるがゆえにここの優勝が4大大会の中でもっとも聖なる価値を持つ、ここで勝たねば真の世界一と呼ばれない、というのと同じなのだろうと推測している。

 今年の全英オープンゴルフは、筆者と同世代の古豪、「連合王国(United Kingdom)」に属する小国、北アイルランドのD.クラーク選手が制した。長らくの強豪だが4大大会のタイトルはなく、10歳年下のG.マクドウェル選手(2010年全米オープン優勝、7月11日現在世界ランキング9位)、20歳年下のR.マキロイ選手(2011年全米オープン優勝、同4位)といった同郷の若手に遅れをとりつつ、彼らが尊敬し追いかけてきた大先輩が、一世一代で狙って獲った、初の栄冠である。

 ゴルフは他のスポーツよりも高齢で第一線の活躍が可能な競技ではあり、今大会も61歳の元世界ナンバーワン、T.ワトソン選手の活躍も見られた。しかし

・・・ログインして読む
(残り:約638文字/本文:約1624文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

倉沢鉄也

倉沢鉄也(くらさわ・てつや) 日鉄総研研究主幹

1969年生まれ。東大法学部卒。(株)電通総研、(株)日本総合研究所を経て2014年4月より現職。専門はメディアビジネス、自動車交通のIT化。ライフスタイルの変化などが政策やビジネスに与える影響について幅広く調査研究、提言を行う。著書に『ITSビジネスの処方箋』『ITSビジネスの未来地図』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

倉沢鉄也の記事

もっと見る