メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[7]優勝候補を破った浦添商“新米監督”の采配

深澤友紀 AERA編集部記者

 近年、甲子園に名将を次々送り込んでいる沖縄高校野球界から、今年もまた個性的な監督が甲子園にデビューした。

 浦添商の宮良高雅監督(43)。高校野球の指導者としては、わずか1年4カ月の“新米監督”だ。2011年4月に同校に赴任する前までは、約15年間特別支援学校に勤務し、野球の指導とは縁がなかった。

 しかも初戦の相手は大会ナンバーワン左腕・濱田達郎擁する愛工大名電(愛知)。センバツ8強で優勝候補の一角だ。下馬評でも「名電有利」と言われていた。

 だからこそ、試合前、宮良監督は選手たちに言った。

「注目校とやれるなんて幸せなことじゃないか。楽しんでやろう。そして浦商の日にしよう」

 そしてその言葉通り、浦添商の選手たちは夢の舞台を楽しんで、6-4で愛工大名電を振り切った。

拡大浦添商の宮良高雅監督(左)=撮影・筆者

 宮良監督にとっても、甲子園は夢の場所だった。

 沖縄本島から400キロ離れた石垣島に生まれた。甲子園を目指し、15歳で島を離れ、那覇市の興南高校に進学。チームメイトに友利結(現在、横浜DeNAベイスターズコーチ)、名幸一明(現在、プロ野球審判員)らがいる中で4番に座る強打者だったが、3年連続、沖縄大会決勝で沖縄水産に敗れ、甲子園出場の夢はかなわなかった。

 その後、専修大で大学野球に打ち込み、「指導者になって甲子園に出場する」と新たな夢を抱いて、仙台大で野球部コーチをしながら教職免許を取得した。

 ところが、教員生活の振り出しは八重山養護学校(現特別支援学校)だった。

 特別支援学校の児童・生徒たちは、障がいの種類も重さもそれぞれ違う。宮良監督は子どもたち一人ひとりの能力ややる気を引き出そうと、教員同士でバンドを組んで学校のイベントを盛り上げたり、生徒が書いた詩に曲をつけてCDを自主製作したり、「目の前の子どもたちのことで精いっぱいだった」。いつしか野球への情熱も薄れていた。

 そんな中、昨春、浦添商への転勤が決まった。

・・・ログインして読む
(残り:約1448文字/本文:約2270文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

深澤友紀

深澤友紀(ふかざわ・ゆき) AERA編集部記者

1978年、千葉県生まれ。沖縄の県紙「琉球新報」で運動部、社会部、八重山支局長などを務め、2012年から「AERA」編集部記者。新聞記者時代は、離島勢として初めて実力で甲子園出場を果たした日本最南端の高校・八重山商工や、興南の春夏連覇なども取材。これまで沖縄高校野球名勝負物語「白球の軌跡」や「奥武山球場物語」を企画・執筆し、沖縄の高校野球の歴史に詳しい。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです