メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

[1]スタンダード化する興南スタイル

中村計 ノンフィクションライター

■プロローグ

 蝉時雨が虫の音にすり替わり、ようやく「夏の甲子園」のほとぼりも冷めた。

 ガッツポーズをする選手が少なくなった――。それが、この夏の甲子園の全体的な印象だった。

 その答えを得たのは、準決勝後のことだった。

 「我喜屋監督のパクリです」

 2012年8月22日。決勝進出を決めた光星学院の監督、仲井宗基は、ある記者の「選手たちが一喜一憂しないのはなぜか」という記者の質問に対し、照れながらそう明かした。

 「我喜屋監督」とは、2010年、興南高校を史上6校目となる春夏連覇に導いた我喜屋優のことである。夏制覇は、県勢として初の快挙でもあった。

 仲井が続ける。

 「あのとき、興南はすごくいい野球をやられてるな、と思って見ていた。選手たちが、本当に淡々とプレーしていた。ヒットを打っても、喜怒哀楽を表に出さずにね。喜びを爆発させるということは、苦しいときも表情に出してしまうということですから。要は、反省は終わってからすればいいということなんですよね」

 漠然と、そういうことではないのかなと思ってはいた。

 というのも、甲子園では、一世を風靡するようなチームが表れると、そのスタイルが「スタンダード」になることがままあるからだ。

 最近の例で言えば、2004年から06年まで3年連続で甲子園に出場し、04年、05年と夏連覇を達成した駒大苫小牧の「イチバン」のポーズがそうだった。

 彼らはピンチのとき、マウンドに集まると、最後にみんなで空を人差し指で指してから輪を解いた。日本一になる。気持ちをひとつにする。そんな意味合いがあった。

 優勝したときも、拳ではなく、人差し指を突き上げ、喜びを爆発させたものだ。

 今日では、高校野球だけにとどまらず、大学野球でも、社会人野球でも、プロ野球でも、勝ったときのお決まりのポーズになった。

 それほど、駒大苫小牧の躍動感あふれる野球は衝撃的だったし、それを象徴するイチバンポーズは印象的だった。

 同様に、興南の「静の野球」も異彩を放っていた。笑わない。ガッツポーズをしない。そうしたプレースタイルは、勝ち進むたびに迫力を増し、他チームを圧倒した。

 おそらく、そうした印象は、映像や活字を通し、多くの球界関係者の心に刷り込まれた。意識するしないにかかわらず、である。

 この夏は、それが浸透し、その影響が表れ始めた最初の年だったということなのかもしれない。単純に恰好を模倣するだけではない。その奥にある興南の、我喜屋のイズムに気づき始めたのだ。

 光星学院ら「静の野球」の躍進で、今後、興南スタイルはますますスタンダード化していくことだろう。

 首里高校が沖縄勢として初めて甲子園を踏んだのが1958年のことだった。当時、沖縄にはフェンスで囲われた球場がひとつもなく、野球場で初めてプレーすることになった首里高校は、大阪へ向かう途中、鹿児島県の鴨池球場を借り、クッションボールの処理の練習を何度もしたという。

 同じ頃、本土では立教大学のスーパースター、長嶋茂雄が読売巨人軍に入団し、まさにプロ野球黄金時代に突入しようとしていた。

 そんな中、沖縄だけが、取り残されていたのだ。

 あれから50年余――。

 興南の春夏連覇によって、今度は、「本土」のチームが沖縄ベースボールを追いかける時代になった。


筆者

中村計

中村計(なかむら・けい) ノンフィクションライター

1973年生まれ。千葉県出身。同志社大学法学部卒。スポーツ新聞記者を経て独立。『甲子園が割れた日―松井5連続敬遠の真実―』(新潮社)でミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。ほかの著書に『佐賀北の夏』(ヴィレッジブックス)、共著に『早実vs.駒大苫小牧』(朝日新書)、『横浜vsPL学園――松坂大輔と戦った男たちは今』(朝日文庫)など。『雪合戦マガジン』の編集長も務める。