メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

吸い込むが吐き出せない暗黒巨星Google

倉沢鉄也 日鉄総研研究主幹

 Googleが15年を迎えたという。世界中の情報をすべて集めて整理する、という志で始まった同社が、その結果何をなしたか、ドライに考え直してみる。

 さまざまな意見があろうかと思うが、社会を変えたと言えるにインパクトをなしたことは、(1)検索エンジンを作ったこと、(2)YouTubeを買って育てたこと、(3)Android OSを買って育てたこと、に絞ることができ、またその3点に限られるだろう、と筆者は考える。

 検索エンジンをつくったことはもともと同社創業目的であり、インターネット上の情報が膨大になること、その膨大な情報を探し出す機能が必要になること、それが最大のポータルサイトとなることを予見しきったこと、技術的優位をもってヤフーも含めた他社を凌駕して巨大化してきたこと、同じアカウントでアクセスできる地図や写真やスケジュールも含めたプラットフォームを作ってしまったこと、は世紀をまたがっての最大の社会貢献と言ってよい。

 しかし、検索は目的に対する手段でしかなく、検索エンジンの技術や方法論自体は偉大と言うべきだが、SEM/SEOを含めたGoogleの収益構造自体は、メディア流通の必然であって何も新しい出来事ではない。情報格差を埋めてくれる機能に対する報酬は昔から「往訪回数なり質問時間なりの単位ごとの単価課金」として存在しており、これを検索数という形で定型化し集約したものが、現代に至り規模を得てコストに見合うように ・・・ログインして読む
(残り:約1965文字/本文:約2581文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

倉沢鉄也

倉沢鉄也(くらさわ・てつや) 日鉄総研研究主幹

1969年生まれ。東大法学部卒。(株)電通総研、(株)日本総合研究所を経て2014年4月より現職。専門はメディアビジネス、自動車交通のIT化。ライフスタイルの変化などが政策やビジネスに与える影響について幅広く調査研究、提言を行う。著書に『ITSビジネスの処方箋』『ITSビジネスの未来地図』など。

倉沢鉄也の記事

もっと見る