メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

NHK籾井会長にみる「こんな上司はイヤだ」

澁谷知美 東京経済大准教授(社会学)

 NHK籾井会長の就任記者会見をおさめた動画を見た。うんざり感とデジャヴ感でいっぱいになった。よくいる「地位は高いが、まったく尊敬できない男性」そのものだったからである。

 氏は「豪放磊落」と評されるそうだ(注1)。悪口にならないように表現しようとすれば、そういっておくしかなかろう。就任前の所信表明を聞いたNHK経営委員のひとりは「見識がなさ過ぎる。選んだこと自体、嫌になる」と語っていたという(注2)。選んだのは自分たちではという非難よりも、分かる!という共感のほうが先だつ。

 籾井氏はなぜこんなに人をうんざりさせるのだろうか。特定秘密保護法、首相の靖国参拝、領土問題の報道にかんする考え方が政治的に公平でない、「慰安婦」をめぐる事実関係を把握していない、というのはもちろんだ。が、そういったNHK会長としての資質といった部分よりもっとベーシックな水準での、組織の上のほうの人が持ちがちな「イヤさ」が氏にはあると思う。たとえていうなら、自分の上司がこういう人物だったらかなわんなぁ、というような「イヤさ」である。

 そこでこの記事では、籾井氏がいやおうなく漂わせる「イヤさ」が何なのかを探りたい。会見動画をもとに具体的な発言、態度を分析した。結果、出てきたのは、自分の主張の根拠を自分で挙げられず、のみならず、根拠を求めた相手に逆ギレし、言い訳がましく、人を恫喝し、意味不明の発言をし、自分の発言がどうとられるか客観視できない籾井氏の姿であった。これ、イヤな上司そのものではないか。

 以下ではその詳細について述べる。もとにした資料は、ニコニコ動画にあげられている動画 (注3)である。ブロガーによる会見の一部の書きおこし(注4)、朝日新聞デジタルの会見詳報(注5)も補助的に用いた。

 なお、「慰安婦」制度をめぐる事実関係のあやまりについては、専門家の林博史教授が『神奈川新聞』でおこなっている。ウェブで見られるのでぜひこちら(http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1402050004/)を参照されたい。

 籾井氏にみる「こんな上司はイヤだ」その1。自分の主張の根拠を自分で挙げられない。のみならず、根拠を求めた相手に逆ギレする。

 主張の挙証責任(証拠をあげる責任)は主張した本人にあるというのが議論の大原則である。しかし、籾井氏はこの責任を果たそうとしない。「戦時慰安婦」は「どこの国にもあった」という籾井氏の発言を受け、記者が質問するシーンである。

 記者 「何か証拠が?」

 籾井 「え?」 ・・・ログインして読む
(残り:約4224文字/本文:約5301文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

澁谷知美

澁谷知美(しぶや・ともみ) 東京経済大准教授(社会学)

東京経済大准教授。1972年大阪市生まれの千葉県育ち。東大大学院教育学研究科博士課程修了。専門は社会学および教育社会学、主な研究テーマは男性のセクシュアリティの社会史。単著に『日本の童貞』『平成オトコ塾 悩める男子のための全6章』『立身出世と下半身 男子学生の性的身体の管理の歴史』、共著に『性的なことば』などがある。【2015年6月WEBRONZA退任】

 

澁谷知美の記事

もっと見る