メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「白足袋には逆らうな」――京の町を牛耳る影の権力者たち(上)

西岡研介 フリーランスライター

 今年の「祇園祭」は、49年ぶりの「後祭(あとまつり)」(7月21~23日)の復活や、幕末の「禁門の変」(1864年)で焼失して以来、150年ぶりに復元された「大船(おおふね)鉾」が巡行したこともあって、16日の「前祭(さきまつり)」の宵山だけでも34万人と、例年以上の人出で賑わったという。が、この絢爛豪華な祭りが行われる京都では昔から、こんな警句が囁かれているのをご存じだろうか。

 「白足袋には逆らうな」

 「白足袋」とはつまり、日常的にそれを身に付ける茶人や花人、僧侶、そして祇園祭の主役である室町の老舗商人たちを指している。

 この警句を無視したいい例が、約30年前の「古都税騒動」だろう。1985年、京都市は財政を圧迫していた文化財保護費を捻出するため、社寺の拝観料に地方税をかける「古都保存協力税(古都税)」を導入した。ところが、これが清水寺や金閣、銀閣といった観光寺院の逆鱗に触れ、一部の寺院が拝観を拒否。当時、148万の人口を抱えていた全国6位の政令指定都市は、わずか十数の寺院相手に一敗地に塗れ、たった3年で古都税を廃止した。

 京都市などの行政、そして警察や検察の司法などの公権力を「表」だとすると、時に彼らをも操る「白足袋の人々」はまさに、この町の「裏」の権力、いや真の「実権者」といってもいいだろう。古都税騒動当時、京都市教委の職員だった門川大作・現京都市長が就任以来、好んで白足袋を履く姿はまるで、彼らに恭順の意を示しているかのようだ。

 かつて月刊誌や週刊誌の記者として、京都を舞台としたいくつかの事件や騒動を取材してきたが、それらの背後には必ずといっていいほど、白足袋の影が見え隠れしていた。にもかかわらず、その実態を掴みきれずにいたのだが、2年前に関西に移り住んだことを機に、本腰を入れて京都の裏道や路地を歩くうちに、ようやく彼らの“足跡”が見えてきた。

 その取材結果を基に私は、宝島社刊行の「月刊宝島」で短期集中連載を始めたのだが、1回目となった8月号(6月25日発売)では、「白足袋」を代表する一人、裏千家の千玄室・大宗匠(91歳)について取り上げた。約30万人の門弟を擁し、茶道諸流派の中でも最大の流派である「裏千家」。その第十五代家元で2002年、家元を長男に譲った後に、「宗室」から「玄室」に改称したのが千大宗匠だ。「ユネスコ親善大使」や「国連親善大使」など100以上の公職、役職に名を連ね、政財界に多くの知己を持つまさに“京都最大の実力者”といってもいいだろう。

 その千大宗匠が会長を務める財団法人「京都平安振興財団」が、「平安神宮」の境内に建設を予定している大規模商業施設を巡って、一緒にプロジェクトを進めてきた不動産業者とトラブルになり、訴訟沙汰に発展。さらにその過程で、千大宗匠の命を受け、このプロジェクトを推進してきた同財団の代表理事で、元「裏千家家元の秘書」が、プロジェクトの最大の障害となっていた、平安神宮境内前の露天商の立ち退きを、旧知の指定暴力団「山口組」系山健組幹部に依頼していたことが発覚した――というスキャンダルを報じた。

 元「裏千家家元の秘書」という雅な肩書を持つ人物が実は、現役の暴力団幹部と裏で繋がっている……。こういう摩訶不思議な関係が、地下茎のように張り巡らされているのが、1200年の歴史を持つこの町の怖いところであり、魅力でもある。

 さらに2回目となった同誌9月号(7月25日発売)では、5年前に世間を騒がせた「日本漢字能力検定協会(漢検)」事件の真相に迫った。

 「漢検事件」とは、京都に本部を持つ漢検の創設者である大久保昇・理事長(当時)と浩・副理事長(同前)の父子が09年、〈漢検の広告の発注に際し、関連会社が仲介したように偽装し、さらには別の関連会社との架空の業務委託によって、公益法人である協会の金を私的に流用し、計2億9000万円の損害を協会にあたえた〉として京都地検特別刑事部に背任の容疑で逮捕、起訴された事件だ。

 父子は初公判(11年4月)段階から一貫して無罪を主張していたが、一審の京都地裁は父子に対し、懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡し(12年2月)、二審の大阪高裁も一審判決を支持(13年3月)。父子は最高裁に上告中だが、実はこの「漢検事件」の背後にも、「白足袋の人々」が深く関与していたのだ。

 その筆頭格が華道家で、元衆議院議員の池坊 ・・・ログインして読む
(残り:約755文字/本文:約2619文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

西岡研介

西岡研介(にしおか・けんすけ) フリーランスライター

【2015年3月退任】フリーランスライター。1967年、大阪市生まれ。91年に神戸新聞社入社、阪神淡路大震災や神戸連続児童殺傷事件などを取材。98年以降、『噂の眞相』編集部、「週刊文春」記者、「週刊現代」記者を経て、現在はフリーランス。著書『マングローブ――テロリストに乗っとられたJR東日本の真実』で08年、講談社ノンフィクション賞を受賞。

西岡研介の記事

もっと見る