メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[1] 何が羽生結弦を滑らせたのか ウォームアップが十分できない…

青嶋ひろの フリーライター

 最初に感じたのは、満身創痍の身体をさらに自ら傷めつけようとする彼への、猛烈な怒りだった。

 彼が滑ろうとするのを誰も止めなかったのだろうか、と、周囲の人々への怒りも、止まらなかった。

 そしてこんな行為を美談にしてはいけない、と心の底から思った。

 しかし現在、彼がアスリートとして危険を犯したのではないかという議論は、十分なされている。

 彼自身、今は身体の痛みよりも、自ら引き起こした状況、議論に関して深く考え込んでいるところだろう。

 本稿では彼の決断にはNOと言いつつ、羽生結弦の立場に寄り添い、なぜ彼が滑ることを止めなかったのか、そのことを考えてみたい。

 2014年、グランプリシリーズ中国杯。

撮影=筆者拡大撮影=筆者
 公式ポスターは、地元中国のチェン・ペン&ハオ・ジャン(ペア)、ハン・ヤン(男子シングル)らとともに、大きく羽生結弦をフィーチャー。

 会場周辺に立つ幟にも、彼の姿が大きく掲げられている。会場に入れば、「全日空航空公司」の立派なブースに等身大の結弦パネルが立ち、中国人、日本人を問わずたくさんの女性たちでにぎわっている。

 日本ではない場所で開催される国際大会――そこでここまで日本選手が大きくシンボリックな扱いを受けるのは、初めてではないだろうか。

 もちろん日本側も盛り上がる準備は万端だ。

 時差の関係もあり、今季のグランプリシリーズでは初めて、ゴールデンタイムの生放送。松岡修造氏、織田信成氏ら、看板キャスターたちも揃い、しっかり公式練習から彼を見守っている。

 試合が始まれば、会場には波のように揺らぐ無数の日の丸(圧倒的に五星紅旗よりも多い!)、彼の名前をくっきり記した色とりどりの横断幕、そして日中両国のファンによる悲鳴にも似た大声援……。

撮影=筆者拡大撮影=筆者
 これが、オリンピックチャンピオンとして滑るということか、と改めて思う。

 多くのスターが引退し、あるいは休養をし、アフター五輪のフィギュアスケート界はいつもよりも少しさびしいシーズンになりがちだ。

 しかしこと羽生結弦の周りだけは、事情が違う。

 前稿にも記したとおり、グランプリファイナルのシステムが始まって以降、オリンピックチャンピオンが次の年のグランプリシリーズにフル出場するのは、達成すれば彼が初となる。

 ふつうならば見られないはずのチャンピオンの滑りを、こうして見られる喜びは、私たちも大きい。

 日本だけでなく中国でも大人気とあって、この会場の設え、客席の空気……もう羽生結弦がいなければこの大会は成り立たない、そのくらいの勢いだったのだ。

 そんななか、ショートプログラム2位という、彼にとっては屈辱的な順位で迎えた11月8日のフリー。

 朝の公式練習の時から、少し彼のことが心配ではあった。

 本人は「影響はない」などと言うが、どう考えてもショートでのジャンプ2ミス、その原因の一つは腰の痛みだろう。

 昨晩から「いつフリー棄権の

・・・ログインして読む
(残り:約1115文字/本文:約2351文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

青嶋ひろの

青嶋ひろの(あおしま・ひろの) フリーライター

静岡県浜松市生まれ。2002年よりフィギュアスケートを取材。日本のトップ選手へのインタビュー集『フィギュアスケート日本女子 ファンブック』『フィギュアスケート日本男子 ファンブック Cutting Edge』を毎年刊行。著書に、『最強男子。 高橋大輔・織田信成・小塚崇彦 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子日本代表リポート』(朝日新聞出版)、『浅田真央物語』『羽生結弦物語』(ともに角川つばさ文庫)、『フィギュアスケート男子3 最強日本、若き獅子たちの台頭 宇野昌磨・山本草太・田中刑事・日野龍樹・本田太一」(カドカワ・ミニッツブック、電子書店で配信)など。最新刊は、『百獣繚乱―フィギュアスケート日本男子―ソチからピョンチャンへ』(2015年12月16日発売、KADOKAWA)。

青嶋ひろのの記事

もっと見る