メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[4] 何が羽生結弦を滑らせたのか 「ケガしてる時の方が、僕、強いし!」

青嶋ひろの フリーライター

 後に判明したバックステージの状況、さらに帰国後の精密検査の結果。

 今のところ、ではあるが、「もう二度と滑れない」ほどの事態にはなっていない。幸い、こちらが気をもんだほどは、あの時点で生命の危険があったわけではない。

 しかしそれでも、彼は滑るべきではなかった、周囲も彼を止めるべきではなかったか――そんな意見が多く出ているが、なぜ羽生結弦は演技を強行したのだろうか。

オリンピック、世界選手権を終え、地元・仙台でパレードに参加した羽生結弦=2014年4月26日、仙台市青葉区拡大オリンピック、世界選手権を終え、地元・仙台でパレードに参加した羽生結弦=2014年4月26日、仙台市青葉区
 まずはやはり、この大会における彼のポジション。さらにいえばオリンピックチャンピオンとなって後の、フィギュアスケート界における彼の役割や商品価値。そんなものが通奏低音のように彼を襲い続けていたのではないか、と思う。

 トロントレポートでも記したが、この夏の彼はアイスショー、あらゆるイベント、取材、CM撮影等に忙殺されていた。

 オリンピックから溜まり続けている疲れで、脚、背中、腰……あらゆる古傷を悪化させてもいた。

 このままでは自分はコマーシャリズムに潰されてしまうのではないか――そんな恐怖を、この夏の彼は何度も感じていたのだ。

 小さなころから望んでいたオリンピックチャンピオン。やっとの思いでその場所にたどり着いたのに、その結果手に入れたものは、これなのか――そんな思いは、ピョンチャン五輪での連続優勝を目指す気力も奪ってしまった。これから4年間、さらに過酷なアスリート生活を続けて再び金メダリストになっても、そこに待っているものは何かを、知ってしまったから。

 スケートが好きなだけだった彼が、練習する時間も取れず、ついには腰を悪化させて滑れない身体になり……。この夏、ある時、あるシチュエーションで、思い余って叫んだことさえあった。

・・・ログインして読む
(残り:約2273文字/本文:約3011文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

青嶋ひろの

青嶋ひろの(あおしま・ひろの) フリーライター

静岡県浜松市生まれ。2002年よりフィギュアスケートを取材。日本のトップ選手へのインタビュー集『フィギュアスケート日本女子 ファンブック』『フィギュアスケート日本男子 ファンブック Cutting Edge』を毎年刊行。著書に、『最強男子。 高橋大輔・織田信成・小塚崇彦 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子日本代表リポート』(朝日新聞出版)、『浅田真央物語』『羽生結弦物語』(ともに角川つばさ文庫)、『フィギュアスケート男子3 最強日本、若き獅子たちの台頭 宇野昌磨・山本草太・田中刑事・日野龍樹・本田太一」(カドカワ・ミニッツブック、電子書店で配信)など。最新刊は、『百獣繚乱―フィギュアスケート日本男子―ソチからピョンチャンへ』(2015年12月16日発売、KADOKAWA)。

青嶋ひろのの記事

もっと見る