メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

世界選手権プレビュー 無良崇人の「意志」(下)

パワーに加わった繊細さ

青嶋ひろの フリーライター

 4年間の、スタートの年。

 スケートカナダで優勝できるほどの地力はつけて、シーズンに臨んできた。4回転ジャンプも「他の3回転と何ら変わらない意識」で跳べるまでに精度を上げてきた。「カルメン」「オペラ座の怪人」と、ふたつのプログラムも、彼らしさを十分生かした作品が見せられている。

 先輩二人が引退した後の全日本選手権、チャンピオンだって狙いたいところだ。しかし、上が抜けたと思ったら、もう下から追い上げる選手が出てくる――。

 「見ている人は楽しいでしょうけれど、中にいる僕たちは大変ですよ……」

無良崇人拡大動きの美しさも加わった無良崇人
 そんな言葉を彼が笑いながら言ったのは、3年ほど前。ソチまでの大混戦が終わったと思ったら、ピョンチャンまで、さらなるデットヒートが1年目から始まってしまうとは、彼も想像していなかっただろう。

 ほんとうに私たちがわくわくと楽しめる分だけ、只中にいる選手たちはきつい。特に彼のいる立ち位置は、今、一番つらいところだ。

 残酷なことに、彼は選手たちの中でも一、二を争うほど、スケートに対して慧眼。

 宇野昌磨が今シーズン急成長するだろうことも、誰よりも早く気づいていた。まだあの17歳がそれほど大きな話題になっていなかった10月、グランプリシリーズの記者会見のころから、「4回転を跳べるようになった宇野君をはじめ、若い選手たちにも油断はできない」と彼のことを話題にしている。

 そんなふうに同じスケーターとして、年下の選手たちにもきちんと敬意を払うのが彼だ。

 特に羽生結弦のことは、いつも聞かれずとも積極的に語ってくれる。たぶんスケーターとして純粋に、強い選手が好きなのだろう。

 「羽生君のジャンプや演技を見ていると、

・・・ログインして読む
(残り:約2765文字/本文:約3489文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

青嶋ひろの

青嶋ひろの(あおしま・ひろの) フリーライター

静岡県浜松市生まれ。2002年よりフィギュアスケートを取材。日本のトップ選手へのインタビュー集『フィギュアスケート日本女子 ファンブック』『フィギュアスケート日本男子 ファンブック Cutting Edge』を毎年刊行。著書に、『最強男子。 高橋大輔・織田信成・小塚崇彦 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子日本代表リポート』(朝日新聞出版)、『浅田真央物語』『羽生結弦物語』(ともに角川つばさ文庫)、『フィギュアスケート男子3 最強日本、若き獅子たちの台頭 宇野昌磨・山本草太・田中刑事・日野龍樹・本田太一」(カドカワ・ミニッツブック、電子書店で配信)など。最新刊は、『百獣繚乱―フィギュアスケート日本男子―ソチからピョンチャンへ』(2015年12月16日発売、KADOKAWA)。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

青嶋ひろのの記事

もっと見る