メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

来シーズンから羽生結弦は勝ち続ける(上)

表現者にとっていちばん大事なもの

青嶋ひろの フリーライター

 羽生結弦の4度目の世界選手権。そして、初めて迎える現チャンピオンとしての世界選手権。

 彼を見る私たちの目、感じる思いは、日ごとにおもしろいくらいころころと変わっていった。

 まずは3月24日、ショートプログラム3日前の、公式練習。全日本選手権以来3カ月ぶりのその滑りを、もう驚きの連続で見るしかなかった。

 練習開始早々、まだほかの選手も身体が温まらず、ジャンプ練習に入らないうちに、早々に跳んでみせたトリプルアクセル。さらに4回転トウ。

羽生結弦拡大エキシビションを終えて
 「羽生君! 跳べるじゃないか!」

 そのジャンプは、3カ月前と何も変わらない。

 開腹までした手術後、しかも足首の捻挫再発という、いってみれば「病み上がり」の身体だ。

 さすがに音楽がかかる中ではなかなか大玉ジャンプは決まらないが、曲かけ後は悔しさに身を任せるようにアクセル、4回転トウ、4回転サルコウと跳びまくる。手術の影響で4週間、捻挫の影響で2週間、計6週間も練習できなかった選手が、だ。

 「すごいな、これなら表彰台くらい軽くいけるのでは?」

 誰もがそんな期待をしてしまう。

 しかし何度か公式練習を見ているうちに、少しずつ不安がよぎってくる。

 初日、2日目……彼の滑りに、キレがないのだ。ジャンプの調子に波はあるものの、不調というほどひどい落ち込みはない。一方でスケートそのものに、本来の羽生結弦らしい溌剌さを見ることができない。

 「羽生君は、このスポーツが点取りゲームだってことを知ってますからね」

・・・ログインして読む
(残り:約2924文字/本文:約3570文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

青嶋ひろの

青嶋ひろの(あおしま・ひろの) フリーライター

静岡県浜松市生まれ。2002年よりフィギュアスケートを取材。日本のトップ選手へのインタビュー集『フィギュアスケート日本女子 ファンブック』『フィギュアスケート日本男子 ファンブック Cutting Edge』を毎年刊行。著書に、『最強男子。 高橋大輔・織田信成・小塚崇彦 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子日本代表リポート』(朝日新聞出版)、『浅田真央物語』『羽生結弦物語』(ともに角川つばさ文庫)、『フィギュアスケート男子3 最強日本、若き獅子たちの台頭 宇野昌磨・山本草太・田中刑事・日野龍樹・本田太一」(カドカワ・ミニッツブック、電子書店で配信)など。最新刊は、『百獣繚乱―フィギュアスケート日本男子―ソチからピョンチャンへ』(2015年12月16日発売、KADOKAWA)。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

青嶋ひろのの記事

もっと見る