メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

自信の最後の一片を埋めた錦織

苦手のナダルを破った光る攻撃力、不安材料はけがと疲労

倉沢鉄也 日鉄総研研究主幹

 錦織圭選手は、昨年準優勝した全米オープンテニス(8月31日~9月13日、ニューヨーク)で、再び四大大会制覇の夢をかけることになる。

ウィンブルドン選手権2回戦の前、練習で調整する錦織=2015年7月1日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブ拡大ウィンブルドン選手権2回戦の前、練習で調整する錦織=2015年7月1日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブ
 モントリオール大会を準決勝で敗退(8月13日)したのち、全米オープン出場を目指して臀部の怪我を治す目的で8月17日からのシンシナティ大会を欠場するにあたり、「これまでの古傷ではないので軽いと思う」と本人はコメントしている。しかし数年前から筆者が指摘している通り、他のトップ選手たちと比べて小柄で華奢な体格の錦織にとって、次に古傷(腹筋、手首、足首、今年痛めたふくらはぎなど)を痛めたらそこがキャリアの下り坂のスタートと言わざるを得ない。臀部という体全体を支える筋肉の怪我は、必ず異なる箇所への無理を生じさせる。そうした怪我を克服する筋力強化の結果が現在の活躍でもあるが、すでに6月末の全英オープンを怪我(ふくらはぎ痛)で途中棄権し、その復帰直後の怪我だけに大事に至らないことを願うしかない。

 少なくとも言えることは、8月24日時点のシングルス世界ランキングで4位、第4シードとなった錦織にとって、1位ジョコビッチ選手(セルビア)、2位フェデラー選手(スイス)、3位マリー選手(英国)とは準決勝まで対戦しないことを意味しており、たとえ過去0勝のガスケ選手(12位、フランス)、また過去1勝のナダル選手(8位、スペイン)やバブリンカ選手(5位、スイス)であっても、錦織は現時点の上位ランカーとして試合に臨むことができる。プロのテニストーナメントにおいて、第4シードか第5シードか、第8シードか第9シードか、第16シードか第17シードか、は大きな境目である。

 全米オープンのトーナメントドローは日本時間の28日午前に発表されるが、第4シードが準決勝までの勝ち上がりを気にかける意味は正直薄い。問題は準決勝、決勝をどう勝つか、せいぜい準々決勝の相手が誰になるかであり、

・・・ログインして読む
(残り:約1873文字/本文:約2673文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

倉沢鉄也

倉沢鉄也(くらさわ・てつや) 日鉄総研研究主幹

1969年生まれ。東大法学部卒。(株)電通総研、(株)日本総合研究所を経て2014年4月より現職。専門はメディアビジネス、自動車交通のIT化。ライフスタイルの変化などが政策やビジネスに与える影響について幅広く調査研究、提言を行う。著書に『ITSビジネスの処方箋』『ITSビジネスの未来地図』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

倉沢鉄也の記事

もっと見る