メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

何が羽生結弦をここまで追い詰めたのか?(上)

初戦での「調整」が許されない立場

青嶋ひろの フリーライター

 「同じジュニアの選手が、もう4回転を跳んでて、すごかった! 早く僕もああいうふうになりたいなあ……。いろいろな経験をしている選手の話を聞いたんですけど、海外の選手たちと一緒に練習することなんかも、憧れるなあ」

 強くなるということは、ときめきを失うことなのかもしれない。

 初めての戦いに臨む高揚。高い高いところにいる選手への憧れ。やっとつかんだ勝利の喜び……そんなものを、強くなればなるほど、彼らはどんどん失っていくのだ。

カナダ・トロントでの公開練習で笑顔を見せる羽生結弦=2015年8月拡大カナダ・トロントでの公開練習で笑顔を見せる羽生結弦=2015年8月
 がんばってがんばって強くなったのに、喜びも、驚きも、得られるものは少なくなっていくばかり。強くなればなるほど、その場にいることは辛くなっていく――それが、戦うということなのだろうか。

 冒頭の言葉は、羽生結弦ジュニアデビュー前、13歳の夏のインタビューでのひとこま。

 グランプリシリーズ第1戦、ショートプログラムで6位に沈んだ彼を見た時、ふいに思い出された言葉だ。

 「憧れるなあ」――その声音も抑揚も、今でもはっきり耳に甦ってくる。まだ何も手にしていない少年の、幸せな言葉だ。

 それから7年、彼の目の前で、憧れの選手たちは次々に屈していった。

 いつの間にか彼は、「勝って当たり前」の存在になっていた。それはまぎれもなく栄光を掴んだ証拠だけれど、

・・・ログインして読む
(残り:約2534文字/本文:約3104文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

青嶋ひろの

青嶋ひろの(あおしま・ひろの) フリーライター

静岡県浜松市生まれ。2002年よりフィギュアスケートを取材。日本のトップ選手へのインタビュー集『フィギュアスケート日本女子 ファンブック』『フィギュアスケート日本男子 ファンブック Cutting Edge』を毎年刊行。著書に、『最強男子。 高橋大輔・織田信成・小塚崇彦 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子日本代表リポート』(朝日新聞出版)、『浅田真央物語』『羽生結弦物語』(ともに角川つばさ文庫)、『フィギュアスケート男子3 最強日本、若き獅子たちの台頭 宇野昌磨・山本草太・田中刑事・日野龍樹・本田太一」(カドカワ・ミニッツブック、電子書店で配信)など。最新刊は、『百獣繚乱―フィギュアスケート日本男子―ソチからピョンチャンへ』(2015年12月16日発売、KADOKAWA)。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

青嶋ひろのの記事

もっと見る