メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 中国杯の浅田真央は、夢のように煌(きら)びやかだった。

 そのぶんだけ、ホームに戻ってきてのグランプリシリーズNHK杯(11月)で、ショート4位、フリー2位、総合3位という結果には、少なからぬ落胆の声があがってしまったようだ。

 まず、中国杯でパーフェクトだったショートプログラムで、まさかの2ミス、4位発進。

NHK杯の女子SPの演技後、キスアンドクライで笑顔の佐藤信夫コー拡大NHK杯のSPの演技後、キスアンドクライで佐藤信夫コーチと=2015年11月27日
 4位でもファイナル進出は確定していたとはいえ、この出来にはやはり驚く。

 中国でいとも安々と3本のジャンプを跳んでしまったから、今の彼女にとっては簡単なものなのか、と思いこんでいたかもしれない。しかし2ミスの演技を見てしまえば、「こうなるのが普通なほどの難度なのだ」と改めて思い知る。失敗して初めて、25歳の浅田のしていることの難しさがわかったのだ。

 佐藤信夫コーチも、「彼女だって神様じゃありませんから」と苦笑いする。

 うまくいくときも、失敗することもある。それが普通ではないか、と。

前向きな受け答え

 この日、ショートプログラムではまだ、「失敗したときに彼女が何を言うか、それも楽しみだ」と思えた。今季の彼女は、自身の状態や思いをしっかり語れている。その精神面の成長の真価は、うまくいかなかった時ほど現れるのではないか、と。

 それは、期待通りだった。 ・・・ログインして読む
(残り:約1596文字/本文:約2136文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

青嶋ひろの

青嶋ひろの(あおしま・ひろの) フリーライター

静岡県浜松市生まれ。2002年よりフィギュアスケートを取材。日本のトップ選手へのインタビュー集『フィギュアスケート日本女子 ファンブック』『フィギュアスケート日本男子 ファンブック Cutting Edge』を毎年刊行。著書に、『最強男子。 高橋大輔・織田信成・小塚崇彦 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子日本代表リポート』(朝日新聞出版)、『浅田真央物語』『羽生結弦物語』(ともに角川つばさ文庫)、『フィギュアスケート男子3 最強日本、若き獅子たちの台頭 宇野昌磨・山本草太・田中刑事・日野龍樹・本田太一」(カドカワ・ミニッツブック、電子書店で配信)など。最新刊は、『百獣繚乱―フィギュアスケート日本男子―ソチからピョンチャンへ』(2015年12月16日発売、KADOKAWA)。

青嶋ひろのの記事

もっと見る