メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

天気予報を「革命する」ゲリラ豪雨予測

神戸・理化学研究所のスーパーコンピューター「京」を使って実現

前田史郎 朝日新聞論説委員

 午後4時ごろ、東京都中央区○○町○丁目でゲリラ豪雨が降ります――。こんなピンポイントの豪雨予報が、近い将来、現実になるかもしれない。短時間に集中的に雨が降るゲリラ豪雨は、都市部などで大きな被害をもたらす。しかし積乱雲の発達は局地的で、いまの技術では正確な予測が難しい。スーパーコンピューターや最新のレーダーを駆使した研究が、「不可能を可能にするかも」と注目を集めている。

          ■

 神戸市のポートアイランドにある理化学研究所の計算科学研究機構。ここで、三好建正チームリーダー(39)らが、ゲリラ豪雨の予測に挑みはじめたのは3年前だ。

スーパーコンピューター「京」=2016年8月26日、神戸市中央区港島南町の理化学研究所計算科学研究機構拡大スーパーコンピューター「京」=2016年8月26日、神戸市中央区港島南町の理化学研究所計算科学研究機構
 気温や風速などの実際の観測データと、シミュレーションを融合した「データ同化」という手法で、大気の動きを予測する。いわゆるビッグデータを活用した技術革新が、チームの目標だった。

 ゲリラ豪雨は、1時間に50ミリ以上の強い雨が数キロの範囲で短時間に降る現象。発達した積乱雲が原因だが、空間、時間スケールとも、気象現象としては非常に小さい。

 現在、気象庁は、2キロメッシュで1時間ごとに新しい観測データを取り込んで予報している。それでも積乱雲の寿命の短さ、範囲の狭さなどから、 ・・・ログインして読む
(残り:約1821文字/本文:約2334文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

前田史郎

前田史郎(まえだ・しろう) 朝日新聞論説委員

1961年生まれ。神戸、広島支局、東京・大阪社会部で事件や行政、核問題、厚生省クラブなどを担当。社会部デスク、教育エディター、大阪・社会部長、同編集局長補佐、論説委員、編集委員、論説副主幹(大阪駐在)を経て18年4月から現職。気象予報士。著書に『核兵器廃絶への道』(共著)。

前田史郎の新着記事

もっと見る