メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

羽生結弦、宇野昌磨で金銀独占、その勝因は何か?

日本がスケート大国として築き上げてきた結晶

田村明子 ノンフィクションライター、翻訳家

羽生結弦(左)と宇野昌磨拡大金・銀のメダルを披露する羽生結弦(左)と宇野昌磨
 あまりにも出来すぎな、まるでスポーツドラマのような平昌オリンピック男子フィギュアスケートの結果だった。

 11月に右足の靭帯を傷めて3か月余り沈黙を保ってきた羽生結弦。その羽生が、ぶっつけ本番となった平昌オリンピックでSP、フリーともほぼ完璧に近い演技を見せて金メダルを獲得、オリンピック2連覇を果たした。

 こんなことを成し遂げる選手が、とうとう日本から出てきたのである。

羽生結弦のかっこよすぎる有言実行

 2月12日に江陵アイスアリーナで初練習を行ってから、羽生はジャンプの練習は最小限しか見せてこなかった。

 「作戦が大事だと思っている」と事前の会見で語っていたが、最終的には、基礎点の高いルッツやループを避け、トウループとサルコウの、2種類の4回転しか入れなかった。

羽生結弦が宣言「クリーンに滑れば絶対に勝てる」――本番リンク公式練習後の会見詳報

 だがそれが恐らく、勝利への鍵となったのである。

 羽生は2016年の秋に4ループを、そして2017年には4ルッツを試合で成功させて、年々プログラムの難易度を上げていった。常に自分にプレッシャーを与え続け、チャレンジを課して止まるところを知らなかった。

高難度のジャンプをあえて回避した勝利に徹した羽生結弦拡大高難度のジャンプをあえて回避した作戦が功を奏した

 だが彼を競技人生最大の危機に追い込んだのは、その4ルッツだった。2017年11月、NHK杯の公式練習中に、4ルッツの着氷で転倒。右足首の靭帯損傷という大きな負傷を負ったのである。

 「思った以上に大変だった」という以外、詳しく語ろうとはしないものの、 ・・・ログインして読む
(残り:約1551文字/本文:約2186文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

田村明子

田村明子(たむら・あきこ) ノンフィクションライター、翻訳家

盛岡市生まれ。中学卒業後、単身でアメリカ留学。ニューヨークの美大を卒業後、出版社勤務などを経て、ニューヨークを拠点に執筆活動を始める。1993年からフィギュアスケートを取材し、98年の長野冬季五輪では運営委員を務める。著書に、『挑戦者たち――男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』、『パーフェクトプログラム――日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』、『銀盤の軌跡――フィギュアスケート日本 ソチ五輪への道』(ともに新潮社)などスケート関係のほか、『聞き上手の英会話――英語がニガテでもうまくいく!』(KADOKAWA)、『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)など英会話の著書、訳書多数。

田村明子の新着記事

もっと見る