メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

木村拓哉の新スタートはなぜ失敗したのか(下)

飯島三智マネージャーが去ったことで、木村拓哉は困窮しているのか

杉浦由美子 ノンフィクションライター

90年代臭爆発なのはなぜなのか

  SMAP解散を機にジャニーズ事務所を辞めた草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾は地上波での露出が減っていき、ネットでの活動を繰り広げている。彼らは大手芸能事務所を辞めたことで、仕事を減らしたように見える。しかし、その一方で、ジャニーズ事務所に残った木村拓哉にも失ったものが多々あるように見える。一番大きい損失は飯島三智という敏腕マネージャーであろう。

  テレビ情報誌の編集者がいう。

  「私は飯島さんと仕事をしたことがありとても苦労しました。ですから、正直、彼女にいい印象を持っていません。でも、『BG』を見て、ああやっぱりあの人はすごかったんだなと感じました。『BG』では、主人公の元妻役が山口智子でした。回想シーンは、イルミネーションが光る中でのプロポーズのシーンなわけですよ。90年代に大ヒットした『ロングバケーション』(フジテレビ系)を彷彿とさせ、話題になり、視聴率もとれましたが、正直、ダサいですよね。西武百貨店の広告もそうだけど、90年代臭がすごくて、木村拓哉は時代遅れのスターだというふうに見えてしまいます。飯島さんがいたら、あんなダサいことはさせなかったのでは……という声をよく聞きます。飯島さんは時代の変化やトレンドに敏感な人です。彼女自身の服装も高級ブランドにこだわるのではなくて、安くても最先端の流行を取り入れたものを身につけていました」

  その敏腕マネージャーが不在となった現在、木村拓哉は苦境に立たされているのかもしれない。だが、木村拓哉がジャニーズを辞めて、他の3人同様に新しい会社に籍を置いていたら、ゴールデンタイムでドラマの主演ができたかは分からない。俳優として評価が高かった草なぎ剛も、ジャニーズ事務所を辞めて以来、俳優業も単発ドラマで一本出演した程度だ。

  「テレビドラマの主演がジャニーズだらけになるのは、タレントたちが優秀なのはもちろん、事務所とテレビ局の間に信頼関係があるからです。たとえば、不倫や薬物使用問題等々のトラブルを起こさないように所属事務所が保証するわけですし、交渉に手慣れていることなど、過去の実績があるから、制作サイドもジャニーズ事務所と仕事をするわけです」(映像制作会社社員)

  木村拓哉はこれからどうなるのか。今回の記事では、どうしたら、木村拓哉がイメージチェンジできるかについて考えてみたい。 ・・・ログインして読む
(残り:約3185文字/本文:約4226文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

杉浦由美子

杉浦由美子(すぎうら・ゆみこ) ノンフィクションライター

1970年生まれ。日本大学農獣医学部(現・生物資源科学部)卒業後、会社員や派遣社員などを経て、メタローグ社主催の「書評道場」に投稿していた文章が編集者の目にとまり、2005年から執筆活動を開始。『AERA』『婦人公論』『VOICE』『文藝春秋』などの総合誌でルポルタージュ記事を書き、『腐女子化する世界』『女子校力』『ママの世界はいつも戦争』など単著は現在12冊。

杉浦由美子の新着記事

もっと見る