メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

銀座のバーで遭遇した「女人だけは禁制」

女性同士の入店を拒否した老舗の店

大久保真紀 朝日新聞編集委員(社会担当)

 「女人禁制」ならぬ、「女人だけは禁制」という経験をしたことがあります。

夜の銀座のネオン街=2011年、東京都中央区拡大夜の銀座のネオン街=2011年、東京都中央区
 かつて東京・銀座に昭和のはじめから開いているバーがありました。木造2階建ての店は重厚な木の扉を開くと、落ち着いた「昭和」の世界が広がっていました。私はずいぶん前に、先輩の男性記者に連れられて足を踏み入れました。

 「あの席は、山本五十六が好んで座っていた」と教えられ、空いているときにそっとその席に座ることもありました。レトロな雰囲気が気に入り、その後は、取材先や後輩記者、友人を連れては、銀座に行くときは結構足を運びました。

 あるとき、女性記者3人で食事をした後、もう一杯やっていこうかということになり、私はこのバーに仲間を案内しました。重い扉を開け、中に入りました。そんなに混んでいません。いつものように階段で2階に上がろうとしたところ、声をかけられました。

 「女性の方の入店はお断りしています」

 「えっ?」

 私は耳を疑いました。

 これまで何十回も来て、お酒をいただいてきました。「何回も来ていますが……」と言いましたが、昔の女給さん風のウェイトレス姿をした、年齢が高めの女性が「女性の方の入店はお断りしています」と繰り返しました。私は意味がわからず、混乱しました。

 よく耳を澄ますと、 ・・・ログインして読む
(残り:約1559文字/本文:約2112文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大久保真紀

大久保真紀(おおくぼ・まき) 朝日新聞編集委員(社会担当)

1963年生まれ。盛岡、静岡支局、東京本社社会部などを経て現職。著書に『買われる子どもたち』、『こどもの権利を買わないで――プンとミーチャのものがたり』、『明日がある――虐待を受けた子どもたち』、『ああ わが祖国よ――国を訴えた中国残留日本人孤児たち』、『中国残留日本人』など。

大久保真紀の新着記事

もっと見る