メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

あるカミングアウトが生んだLGBTネットワーク

上司と部下、ふたりの会社員がはじめたLGBT支援が日本を変える(上)

浅尾公平 会社員

 

藤田直介さん(右)と部下の稲場弘樹さん拡大藤田直介さん(右)と部下の稲場弘樹さん

影も形もなかった団体

 「今日、私たちはヒストリカル・モーメント(歴史的瞬間)を迎えられたと思います」

 パネルディスカッションの冒頭、200人近い聴衆に向かって、国連人権担当事務次長補のアンドリュー・ギルモアさんが力強く語りかけた。登壇者は彼を含めて十数人。国連の幹部級職員、法務省や外務省のキャリア官僚、野村ホールディングスやパナソニック、みずほフィナンシャルグループ、GEジャパンの執行役員、外資系法律事務所のパートナー……といった人々が前に立ち、意見を語り、議論を重ねていく。

 2018年6月5日、東京・南青山の国連大学本部5階にあるエリザベス・ローズ国際会議場。夕方から、NPO法人「LGBTとアライのための法律家ネットワーク」(LLAN=ラン)が国連人権高等弁務官事務所と共催するイベント「LGBTIと企業活動」が開かれていた。

 企業はLGBTなど性的マイノリティをいかにサポートすべきか──。国境を越えて重要なこの課題について、世界の動きや日本企業の取り組みなどを、講演やパネルディスカッションで報告、議論していこうというイベントである。また、国連人権高等弁務官事務所が2017年9月に公表した「LGBT行動基準」の、日本でのお披露目となるローンチイベントでもあった。

 前述した登壇者たちの話を聴いていたのは、主に弁護士、研究者、企業の幹部や法務、人事、ダイバーシティ担当者といった人々だ。また、勝間和代さんとパートナーであることを公表して話題を集めた増原裕子さん(LGBTアクティビスト)や川村安紗子さん(EYJapanシニアコンサルタント)、藥師実芳さん(ReBit代表理事)、上川あやさん(世田谷区議)など、LGBTサポートの第一線で活動している著名人たちも参加して、パネリストを務めたり、出席者同士を紹介したりと、会場で精力的に動いていた。

 語る側も聴く側も、まさしく錚々(そうそう)たる面々が顔を揃えたイベントだった。国際的なイシューであるLGBT支援問題の重要さのみならず、主催したLLANの影響力の強さを物語ってもいた。

 ところがこのLLANという団体、実はほんの数年前まで、影も形もなかった。3年余り前、同じ会社で働く上司と部下の2人で、ひっそりと始めた組織だったのである。

自殺行為に等しいこと


筆者

浅尾公平

浅尾公平(あさお・こうへい) 会社員

会社員。仕事をしていないときは、本を読んだりコンサートに行ったり落語を聴いたり野球を観戦したりしています。執筆記事における見解はすべて個人的なものであって、勤務先の意見を代表するものではありません。