メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「誰でも受け入れよう」広がるLGBTへの共感

上司と部下、ふたりの会社員がはじめたLGBT支援が日本を変える(中)

浅尾公平 会社員

藤田直介さん(右)と部下の稲場弘樹さん拡大藤田直介さん(右)と部下の稲場弘樹さん

「あるカミングアウトが生んだLGBTネットワーク 上司と部下、ふたりの会社員がはじめたLGBT支援が日本を変える(上)」

明るく、積極的に変身

 2015年はLGBTをめぐり、社会的にさまざまな追い風が吹き始めた時期でもあった。

 国会で超党派の「LGBTに関する課題を考える議員連盟」が発足。東京都渋谷区では同性パートナーシップを認める条例が成立した。世田谷区は新たに要綱を設け、同性パートナーシップ宣誓を受け付けて、受領証を交付する制度をスタートさせた。アメリカでは連邦最高裁判所がすべての州で同性婚を認める歴史的な判決を出している。

 そういった世間の大きな潮流にも勇気づけられて稲場さんは積極的に行動し、同年11月には会社のLGBTネットワークの共同代表に就任する。藤田さんに打ち明けてからわずか半年後のことだった。

 カミングアウトの瞬間に「晴れやかになった」と藤田さんが評した稲場さんの変化は、もちろん一時的なものではなかった。藤田さんはこう振り返る。

 「私だけの感覚ではなくて、稲場がゲイであることやカミングアウトしたことを知らない人たちからも『稲場さん、最近すごく明るくなったね』とか『物事に積極的になったね』などと言われるようになったんです。ビデオ会議で打ち合わせをした海外の同僚から『稲場さんの雰囲気が大きく変わりましたが、何かあったんですか?』というメールをもらったりもしました。それも一度や二度ではなかったんです」

 稲場さんの変化は、藤田さんも大きく変えた。上司として、LGBT当事者の部下が自分らしく実力を発揮できる職場環境を作ろうと努めただけではない。性的マイノリティが生きていく上の困難をなくすべく、会社のみならず、世の中全体の仕組みや制度を変えていかなければならない──。そう考えるようになったのだ。藤田さんは言う。

 「稲場の話をいろいろ聞く中で、『LGBT当事者は、仕事だけでなく人生の多くの局面で、偏見や差別にさらされているのだ』という気づきを得たんです。そこで私は人間として、また稲場の友人として同僚として何かできることはないかと考え、模索を始めました。カミングアウトした彼に背中を押されるように、アライ(ally=支援者)として動き始めたんですね。まず、取引先の法律事務所にもカミングアウトするという、稲場の重要な決断をサポートすることから始めました」

四大事務所や有名企業にも賛同者が

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

浅尾公平

浅尾公平(あさお・こうへい) 会社員

会社員。仕事をしていないときは、本を読んだりコンサートに行ったり落語を聴いたり野球を観戦したりしています。執筆記事における見解はすべて個人的なものであって、勤務先の意見を代表するものではありません。