メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

吉本新喜劇・平山昌雄の「ちゃんばら新喜劇」

スタントマンから転身、殺陣を磨き役者として看板公演

薄雲鈴代 ライター

吉本新喜劇の舞台に立つ森田展義、平山昌雄、辻本茂雄、清水けんじ(左から)=2018年5月15日、なんばグランド花月、提供・吉本興業拡大吉本新喜劇の舞台に立つ森田展義、平山昌雄、辻本茂雄、清水けんじ(左から)=2018年5月15日、なんばグランド花月、提供・吉本興業
 関西を語るに欠かせない「吉本新喜劇」の役者・平山昌雄さんが、来る7日に自身初の看板公演となる「ちゃんばら新喜劇」(於・なんばグランド花月)を上演する。名刺代わりにバク転をして「わたくしこういう者です」と名乗るギャグをはじめ、飄々とした‘いじられキャラ’の役者である。

JACのスタントマンからの転身

 2001年に吉本新喜劇に入団して18年目になる。それ以前は、京都太秦の撮影所で映画やドラマのスタントマンとして活躍していた。

 「最初はジャッキーチェンに憧れて、18歳で兵庫県から上京しJACに入りました。養成所時代は、東京のよみうりランドで戦隊もののショーに出たり、その後、日光江戸村のアトラクションに出演していました」

 JACの養成所時代から、芝居志向のあった平山さんは、アクションをするにしても、単なるアトラクションとしてではなく、ドラマの一環として演じたいと思っていた。

 しかし、千葉真一さん率いる全盛の頃のJACとは違い、撮影所に仕事はなく、日光江戸村行きの切符を渡されていた。映像の世界とは違えども、1年5カ月、日光で頑張っていたところ、JACから撮影所で働かないかとオファーを受ける。こうして京都太秦の東映撮影所傍にあるJACに籍を移した。

京都の撮影所で皆に愛されていた平山昌雄

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

薄雲鈴代

薄雲鈴代(うすぐも・すずよ) ライター

京都府生まれ。立命館大学在学中から「文珍のアクセス塾」(毎日放送)などに出演、映画雑誌「浪漫工房」のライターとして三船敏郎、勝新太郎、津川雅彦らに取材し執筆。京都在住で日本文化、京の歳時記についての記事多数。京都外国語専門学校で「京都学」を教える。著書に『歩いて検定京都学』『姫君たちの京都案内-『源氏物語』と恋の舞台』『ゆかりの地をたずねて 新撰組 旅のハンドブック』。

薄雲鈴代の新着記事

もっと見る