メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

体操トラブルで最も批判されるべきは悪質暴力行為

宮川選手が訴えないハラスメントと、訴えたパワハラの不思議な構図

増島みどり スポーツライター

パワハラ問題などで記者会見に臨む宮川紗江選手=2018年8月29日、東京都千代田区拡大パワハラ問題などで記者会見に臨む宮川紗江選手=2018年8月29日、東京都千代田区
 8月29日、女子体操・リオデジャネイロ五輪代表(団体総合4位)の宮川紗江(18)が、200人を超える報道陣を前に会見する姿を取材しながら、うまい例えができないが、跳馬で助走を始めたら、なぜか「ゆか」のマットに着地したかのような不思議な感覚を覚えた。スポーツのみならず、指導の現場で厳しく批判されるべき重大なテーマ「暴力行為」が、なぜか全くすり替わって着地しているからだ。

 宮川は「速見(佑斗、34歳)コーチの暴力は許されない。2人で反省はするが、私はパワハラだとは感じていない」「髪の毛を掴まれたが、引きずり回されてはいません」「確かに叩かれましたが、それは自分が気を抜いたからで、馬乗りにはなられていません」とコーチの処分軽減(無期限の登録抹消、NTC=ナショナルトレーニングセンター=での活動禁止)を訴えた。

 しかし、「少なくても」(日本体操協会)2013年9月から18年5月まで5年間で11件が自分への暴力と調査されているのに、自身が受けた明確なパワハラは訴えず、ほかのパワハラを訴えた18歳に、テレビやスポーツ紙の報道が言う「18歳の勇気」ではない違和感を抱き、痛々しく思えた。

 通報に関して、協会、関係者はプライバシー保護の観点から一切明らかにできない。また証言内容、聞き取り調査の報告書を公開しない決まりだ。しかし、速見氏が長く繰り返し常態化していた暴力に「恐怖を覚えた」と、証言したのは、塚原千恵子強化本部長でも、塚原光男副会長でもなく、練習時間、空間を共にする(した)現場の人間たちだ。メディアは宮川の勇気は称賛しながら、暴力に反対した人々の勇気はなぜか置き去りにしている。

 速見氏は31日、「暴力行為は決して許される事ではないと深く胸に刻み、真摯に反省する事をここに誓います」と、地位保全の仮処分取り下げ、「どこ」に「誰に」誓うのかは不明だが謝罪文を出した。

 競技団体は体操に限らず、内規で「処分への反論は、CAS(スポーツ仲裁裁判所、日本ではJCAS)もしくは理事会に提出できる」と反論期間も規定している。所属する団体の規約を飛び越え、暴力行為の一部は間違い、処分が妥当ではない、と裁判で協会と争おうとしたのだからこれにも違和感を持った。 ・・・ログインして読む
(残り:約1445文字/本文:約2380文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

増島みどりの記事

もっと見る