メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

単純労働ではない介護は最後の砦(上)

日本は働く場として外国からいつまで選ばれる国でいられるのか

町亞聖 フリーアナウンサー

 少しだけフィリピンの話を。早朝から鳴り響くクラクション、乗り合いのバス(ジプニー)はすし詰め状態、街並みはお世辞にも清潔とは言えず、ハリケーンが来たら吹き飛ばされてしまいそうな心許ない家があちらこちらに……。

 仕事で訪れたのはフィリピンのセブ島。平均年齢はなんと23歳!? 日本とは正反対のとても若い国フィリピンの人口は増え続けていてやがて2億人を超えると予想されている。依然として経済格差は存在しているが、港や空港などの開発はこれから本格化し2030年頃までにはフィリピンのセブは国際都市に生まれ変わるという。

 そんなフィリピンで驚いたのは管理職を占める女性の数が半数という「女性が活躍する国」だということ。ワークシェアリングの考え方が浸透し、お金持ちではなくとも正社員であればベビーシッターを雇うのは当たり前のことで、子供を産んだ後も迷わずに働き続けることができる環境が整っていると話してくれた。

 全ての女性に就労の機会が平等に与えられているわけではなく、看護師の資格を持っていても働く場所がないために飲食店に勤めざるを得ない現実があるのも事実だが、社会や国を変えていくために一番大切なその国に住む人々の意識は、待機児童の問題を放置し続けている“先進国”日本よりも確実に上だと感じた。

・・・ログインして読む
(残り:約996文字/本文:約2273文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

町亞聖

町亞聖(まち・あせい) フリーアナウンサー

1995年、日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、報道局に移り、報道キャスター、厚生労働省担当記者としてがん医療、医療事故、難病などの医療問題や介護問題などを取材。2011年、フリーに転身。脳障害のため車椅子の生活を送っていた母と過ごした10年の日々、母と父をがんで亡くした経験をまとめた著書『十年介護』を出版している。現在、TOKYO MX「週末めとろポリシャン」(金曜午前11時~12時)、文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(水曜午後1時~3時30分)などに出演。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

町亞聖の記事

もっと見る