メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

安室奈美恵の引退とジャニーズのトップ交代(上)

MAX、三浦大知らライジングのアーティストは芸能のレベルを上げすぎてしまったのか

杉浦由美子 ノンフィクションライター

 なぜ、安室奈美恵が引退するのか。色々な臆測が飛んでいるが、最もスタンダードな推測は、あれだけのパフォーマンスを今度保つことが今後できないという判断をしたのだろう、というものだ。仮に踊る量を減らせば、客はコンサートに来なくなるだろう。

 一度、ハイクオリティなパフォーマンスをみせたら、その質は決して落とせない。これは音楽業界だけではない。たとえば、飲食店がそうなのだ。以前、飲食店ビジネスについて取材していた時のことだ。都心で人気飲食店の経営者(業界内では有名なやり手だ)が、「店でおいしいものを出してはいけない」と話したのだ。 ・・・ログインして読む
(残り:約1314文字/本文:約2139文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

杉浦由美子

杉浦由美子(すぎうら・ゆみこ) ノンフィクションライター

1970年生まれ。日本大学農獣医学部(現・生物資源科学部)卒業後、会社員や派遣社員などを経て、メタローグ社主催の「書評道場」に投稿していた文章が編集者の目にとまり、2005年から執筆活動を開始。『AERA』『婦人公論』『VOICE』『文藝春秋』などの総合誌でルポルタージュ記事を書き、『腐女子化する世界』『女子校力』『ママの世界はいつも戦争』など単著は現在12冊。

杉浦由美子の記事

もっと見る