メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[21]健康で文化的な最低限度の生活とは?

生活保護基準引き下げと1万人不服審査請求運動

稲葉剛 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授

室内ホームレス状態

 「今、ただでさえ生活苦で、財布の中もいくらも入っていない状態です。一言で言うと、『室内ホームレス状態』とでも言った方がいいくらいです。」と男性は切り出した。

 9月14日(金)午後、厚生労働省の記者クラブで、生活保護問題対策全国会議など3団体の合同で、今年10月からの生活保護基準引き下げに抗議する記者会見が開かれた。記者会見では、私を含む支援団体関係者、弁護士らの発言に加え、生活保護を利用する当事者からの発言もあった。

 自らを「室内ホームレス状態」と語った男性は、都内在住の49歳。精神障害で働けないため、生活保護を利用している。

 「室内ホームレス状態」とはどういう状態なのか。彼の言葉に耳を傾けてみよう。

 「部屋の中にはエアコンがありますが、冷暖房は電気代がかかるので、使うにも使えない状態です。風呂に入るにもガス代がかかるので、洗面器に水を入れて、水をかぶって、それで体を洗っているんですが、そもそも汗かきの体質なので、周りの人から臭いと指摘されたりして、それも悩んでいます」

 「今でも一日一食か、良くても二食が当たり前になっていて、三食食べるのも月に何日かになっています。『生きられるだけ、まだマシな方だ』と言いたいんでしょうが、差別扱いも甚だしいと思ってしまいます。これでは友達付き合いも婚活もできるはずがなく、趣味のカラオケも行く回数を減らしました。知り合いを5人失いました。食べて寝るか、近所を散歩するくらいしかできないような状態です」

 生活保護は本来、先日、最終回を迎えたテレビドラマのタイトルにもなった「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法25条)を国民に保障するための制度である。男性は、生存をしていくのに精いっぱいで、「健康」で「文化的」なレベルからはほど遠い今の自分の生活を「室内ホームレス状態」という言葉で表現したのだろう。

 この男性はこれまでも引き下げに反対する申し入れに参加し、厚生労働省の担当者にも直接訴えてきたが、厚生労働省の担当者は「わかりました、わかりました」と言うだけで、結局、何も聞いていないと感じたという。

 彼は「ただでさえ、物価は上がっているのに、生活保護基準を下げようと言うのは明らかにおかしい」と指摘した上で、「これまで引き下げられた保護基準、今後、引き下げられるであろう保護基準を元に戻してほしいと願っています。」と発言を締めくくった。

友人や親戚との付き合いを断ち切られた男性

 記者会見では同じく東京都内在住の70歳の男性も生活保護利用当事者として発言を行った。彼も、今年の夏の暑さへの対応の問題と、引き下げが人間関係にもたらすマイナスの影響について語っていた。

拡大右手首に数珠をつけて自らの生活状況を語る70歳男性
 「今年は猛暑で、クーラーを使わざるを得ませんでした。クーラーはもともと部屋に設置してあったので、それを使っていますが、電気代は自分で出すしかありません。冬に支給される冬季加算と同じように、夏季加算も必要です。クーラーの電気代くらいはみてほしいと思っています」

 「一番困っているのは人の付き合いです。友達と食事に行くことができなくなりました。年に一回や二回は友人と付き合いたいと思っていましたが、それもできない。友達がいなくなりました」

 「次に困るのが冠婚葬祭です。父親はすでに亡くなっていますが、法事などがあっても交通費がかかるので、行くことができません。私は長男だが、できないので自分の弟に任せており、親戚とはほとんど付き合っていません。まわりでは、『生活保護を受けている奴は悪だ。脱落した人だ』という雰囲気になってしまっています」

 こちらの男性は「衣食」については、やりくりをして何とかなっていると語っていたが、友人や親戚との付き合いを断ち切らないといけないような生活が「健康」で「文化的」な生活と言えるのか、という点は問われなければならないだろう。

家計への影響が大きい今回の引き下げ

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

稲葉剛

稲葉剛(いなば・つよし) 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授

一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事。住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人。生活保護問題対策全国会議幹事。 1969年広島県生まれ。1994年より路上生活者の支援活動に関わる。2001年、自立生活サポートセンター・もやいを設立。幅広い生活困窮者への相談・支援活動を展開し、2014年まで理事長を務める。2014年、つくろい東京ファンドを設立し、空き家を活用した低所得者への住宅支援事業に取り組む。著書に『貧困の現場から社会を変える』(堀之内出版)、『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために』(エディマン/新宿書房)、『生活保護から考える』(岩波新書)等。

稲葉剛の記事

もっと見る