メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

経済ニュース番組を切り開いた「WBS」[9]

ニュース帯番組不毛だったテレビ東京が30年前に決断した選択

川本裕司 朝日新聞記者

電通と組んで経済ニュース番組を開拓

 WBSの発案者は池内だった。87年、日本経済新聞編集局総務からテレビ東京報道局長に転じた際、池内は面識のあった電通社長木暮剛平(2008年死去)に会い、「テレビ朝日は『ニュースステーション』で成功した。テレビ東京は経済のニュース番組を作ったらどうか」と言われた。

・・・ログインして読む
(残り:約3840文字/本文:約4905文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

川本裕司

川本裕司(かわもと・ひろし) 朝日新聞記者

朝日新聞記者。1959年生まれ。81年入社。学芸部、社会部などを経て、2006年から放送、通信、新聞などメディアを担当する編集委員などを歴任。著書に『変容するNHK』『テレビが映し出した平成という時代』『ニューメディア「誤算」の構造』。

 

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

川本裕司の記事

もっと見る