メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

復活する京都・南座こけら落としの吉例顔見世

10代目松本幸四郎が襲名披露で演じる「弁慶」の‘滝流し’

薄雲鈴代 ライター

 『勧進帳』の武蔵坊弁慶に憧れ、家の廊下を花道に見立てて弁慶になりきって六方を踏んでいた少年、それが今年10代目を襲名した松本幸四郎さんである。

ズラリと並べられた南座・吉例顔見世のまねき看板=2018年10月11日、京都市左京区拡大ズラリと並べられた南座・吉例顔見世のまねき看板=2018年10月11日、京都市左京区
 曽祖父の7代目は弁慶を演じること1600回、父である2代目白鸚さんもちょうど10年前の東大寺奉納歌舞伎で1000回を超え日進月歩、高麗屋は代々弁慶を演じる家系である。そして10代目幸四郎さんも、今年正月の歌舞伎座襲名披露から、4月名古屋御園座の杮葺落、7月大阪松竹座と弁慶を務めあげ、来たる11月の京都南座吉例顔見世で、弁慶の真骨頂を演じる。

 「(弁慶を)演じるために45年頑張ってきた」と語る幸四郎さんの面差しは、端然としつつも、カッコいい弁慶に魅せられた子どもの頃のワクワクした一途な想いを覗かせていた。

稀代の弁慶‘滝流し’を父・白鸚から受け継ぐ

 歌舞伎の中でも人気狂言である『勧進帳』には、松本幸四郎にしか演じられない稀代の名場面がある。物語の大団円、関守富樫に酒をすすめられ、弁慶は大杯を重ねたあと‘延年の舞’を披露する。一般的な筋立てではそのあと弁慶は飛び六方で花道をゆくのであるが、9代目松本幸四郎の弁慶は、‘延年の舞’のあと、さらに‘滝流し’という舞を披露する。この長唄の名曲‘滝流し’を加えることは、弁慶役者にとって体力的にも精神的にも厳しいという。ゆえに歴代の名優たちも、そうそう‘滝流し’には手を出さない。だから観客の私たちが、弁慶の‘滝流し’を見ることは、千載一遇の稀なことなのである。

 その‘滝流し’バージョンの『勧進帳』に幸四郎さんは挑戦する。11月南座の顔見世興行が初披露となる。

 「私から父にお願いして、(滝流しを演じる)お許しをもらいました」と幸四郎さん。今、習わなければ、次の世代に自分が教え伝えることができないからと、芸の継承をみずからの使命として果敢に挑む。

 「わずか3分ほどのことですが、この‘滝流し’を加えることは、演者にとってはもちろんのこと、舞台の邦楽演奏者の方々にとっても、大変な重責なのです」

 松本白鸚・幸四郎・染五郎と三代揃っての襲名も稀なることであるが、親、子、孫で富樫・弁慶・義経を演じる『勧進帳』も前代未聞のことだそうだ。

 「弁慶は演じるほどに大変になってゆきます」と、謹厳なまなざしで語る。11月25日の千穐楽には、幸四郎さんが弁慶を務めて100回を数える節目となる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

薄雲鈴代

薄雲鈴代(うすぐも・すずよ) ライター

京都府生まれ。立命館大学在学中から「文珍のアクセス塾」(毎日放送)などに出演、映画雑誌「浪漫工房」のライターとして三船敏郎、勝新太郎、津川雅彦らに取材し執筆。京都在住で日本文化、京の歳時記についての記事多数。京都外国語専門学校で「京都学」を教える。著書に『歩いて検定京都学』『姫君たちの京都案内-『源氏物語』と恋の舞台』『ゆかりの地をたずねて 新撰組 旅のハンドブック』。

薄雲鈴代の記事

もっと見る