メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

裁判官の市民的自由の保障こそ司法の独立の基礎だ

ツイッターめぐる最高裁の岡口裁判官に対する戒告処分決定に思う

海渡雄一 弁護士

 かつて自分の白ブリーフ姿の写真を投稿するなどして話題になった岡口基一・東京高裁判事が、今度は自身が担当していない裁判についてツイートしたため、最高裁から戒告処分を受けた。これは、一裁判官の懲戒処分にとどまらない大きな問題をはらんでいる。この問題をめぐり、弁護士の海渡雄一さんに寄稿していただいた(WEBRONZA編集部)。

拡大分限裁判で戒告処分を受け、会見する岡口基一裁判官=10月17日、東京・霞が関

140字では事実関係や事情は紹介できない

 10月17日、最高裁は東京高裁の岡口基一裁判官を戒告処分に処した。理由はツイッターを一つ書いたことだ。岡口さんのツイッターは多くの弁護士が読んでいる。司法に関するトピックが取り上げられ、政府や大企業に迎合する判決を書いた同僚裁判官に厳しい批判のツイートを繰り返してきた。実は、私も岡口さんのツイッターをフォローしている読者の一人である。

 今回問題とされている岡口さんの行為は裁判官としての活動ではなく、一市民としての表現活動にほかならない。最高裁大法廷決定によると、懲戒の原因とされた事実は、東京高等裁判所で控訴審判決がされて確定した自己の担当外の事件である犬の返還請求等に関する民事訴訟についての報道記事を閲覧することができるウェブサイトにアクセスすることができるようにするとともに、「公園に放置されていた犬を保護し育てていたら,3か月くらい経って,もとの飼い主が名乗り出てきて, 『返して下さい』えっあなた,この犬を捨てたんでしょ?  3か月も放置しておきながら・・裁判の結果は・・」との文言を記載したツイートをして、 訴訟を提起して犬の返還請求が認められた当事者の感情を傷つけたとされている。

 そして、決定は、「本件ツイートには、上記飼い主が訴訟を提起するに至った事情を含む上記訴訟の事実関係や上記飼い主側の事情について言及するところはなく、 上記飼い主の主張について被申立人がどのように検討したかに関しても何ら示されていない。」とし、このツイートは、「裁判官が、その職務を行うについて、表面的かつ一方的な情報や理解のみに基づき予断をもって判断をするのではないかという疑念を国民に与えるとともに」、「当該原告の感情を傷つけるものであり」、「裁判官に対する国民の信頼を損ね、また裁判の公正を疑わせるものでもある」と判示している。

 しかし、ツイートする場合には、140文字という厳しい字数制限がある。訴訟の事実関係や上記飼い主側の事情について言及することなど、最初から不可能である。また、このツイートは判決内容を詳しく紹介したウェブサイト(ヤフーニュース)上の報道記事を引用している。こちらを読めば、事実関係や飼い主側の事情もわかり、訴訟が飼い主側の勝訴となったことがわかるのである。

 要するに、岡口裁判官は、一つの興味深い民事判決の判示内容を広く市民に知らせようとしただけであり、判決に関するヤフーニュースの記事の予告編を書いただけなのだ。決定は、ツイッターという表現手段の仕組みと制約条件を正確に理解して書かれたものとは思えない。

 人を特定し、その名誉を傷つけるような言論は、表現の自由の保障の対象から外れるが、岡口さんのこのツイッターは決してそのようなものではない。このような些細なツイッターを理由に、裁判官の分限裁判が開かれ、戒告処分がなされたということ自体が驚きだ。この決定には山本庸幸、林景一、宮崎裕子裁判官の補足意見が付されており、岡口裁判官がツイッターを理由に過去に二度の厳重注意処分を受けていることを指摘し、3度目だから「もはや宥恕の余地はない」と意見を述べている。「本件ツイートは,いわば『the last straw』(ラクダの背に限度いっぱいの荷が載せられているときは、麦わら一本積み増しても、重みに耐えかねて背中が折れてしまうという話から、限界を超えさせるものの例え)ともいうべきものであろう」と説く。しかし、この補足意見は、今回のツイートが一本の藁にも等しい些細なものであることを自認している。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

海渡雄一

海渡雄一(かいど・ゆういち) 弁護士

1955年生まれ。81年弁護士登録。2010~12年日本弁護士連合会事務総長。11年から脱原発弁護団全国連絡会共同代表。著書に「原発訴訟」(2011 岩波新書)など。