メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

元世界女王メドベデワのGPファイナル不在の理由

田村明子 ノンフィクションライター、翻訳家

拡大ロシアからカナダに拠点を移してバッシングされたエフゲニア・メドベデワ

 12月6日からカナダのバンクーバーで開催されたGP(グランプリ)ファイナルは、紀平梨花が初出場で初優勝を遂げた。

 女子が日本人3人、ロシア人3人という顔ぶれになったのは、ほぼ予想通りだった。だが違うのはその顔ぶれである。ロシアからはアリーナ・ザギトワ、エリザベータ・トゥクタミシェワ、ソフィア・サモデュロワの3人が進出。当然いるべき名前が入っていない。

フィギュアスケート女子で金メダルの(左から)アリーナ・ザギトワと銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ拡大平昌オリンピックで金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア、左)と銀メダルのメドベデワ
 平昌オリンピック銀メダリストで、2016年と2017年の世界チャンピオンでもあるロシアのエフゲニア・メドベデワが、初めてGPファイナル進出を逃したのである(2017年はケガで欠場)。

 平昌オリンピックでは、僅差で同じコーチの後輩であるアリーナ・ザギトワに敗れて2位に終わったメドベデワ。

 「私は氷の上でやれることはすべてやりきった。だから後悔はありません」と、会見では気丈にふるまっていた。

 その彼女が5月にカナダのブライアン・オーサー・コーチのもとに移籍することを発表。だがこのニュースは、彼女の祖国では好意的に受け入れられなかった。

 「平昌でメドベデワが2位に終わったとき、ロシア国内では彼女のほうが金メダルに相応しかったという声が主流でした。ザギトワはまだシニアに上がったばかりで知名度もそれほどなく、次(北京)のオリンピックでも良かったのではないか。そんな意見がたくさん聞かれ、ロシア国民はメドベデワに同情的だった。その空気が一気に変わったのが、彼女がカナダに拠点を移すと発表してからです」

 旧知のあるロシア人記者は、そう説明してくれた。元のコーチのエテリ・トゥトベリーゼは裏切り者扱いをされ、他の関係者から厳しい批判の声も報道された。

 もちろん長年師事したコーチのもとを離れることは、簡単なものではない。場合によっては感情の行き違いが表に出ることもあるが、ここまで激しい反応が起きたのには事情があった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

田村明子

田村明子(たむら・あきこ) ノンフィクションライター、翻訳家

盛岡市生まれ。中学卒業後、単身でアメリカ留学。ニューヨークの美大を卒業後、出版社勤務などを経て、ニューヨークを拠点に執筆活動を始める。1993年からフィギュアスケートを取材し、98年の長野冬季五輪では運営委員を務める。著書『挑戦者たち――男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』(新潮社)で、2018年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。ほかに『パーフェクトプログラム――日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』、『銀盤の軌跡――フィギュアスケート日本 ソチ五輪への道』(ともに新潮社)などスケート関係のほか、『聞き上手の英会話――英語がニガテでもうまくいく!』(KADOKAWA)、『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)など英会話の著書、訳書多数。

田村明子の記事

もっと見る