メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

3連休翌朝の未明に襲った震度7

拡大黒煙を上げて燃え上がる神戸市長田区。道路は阪神高速道路=1995年1月17日、朝日新聞社ヘリから
 阪神・淡路大震災から24年が経つ。1995年1月17日(火)午前5時46分に明石海峡の地下を震源とするマグニチュードMj7.3の兵庫県南部地震が発生した。直下の活断層による観測史上初の震度7の強い揺れが、淡路島、神戸、芦屋、西宮を襲った。1月14日~15日はセンター試験、16日は成人の日で、3連休の翌朝の未明の地震だった。

 私は、愛知県内の自宅で就寝中に、揺れを感じた。その後、テレビニュースで見た被害映像からは、その後報じられる甚大な被害まで想像することはできなかった。当日の午前中は、建築不良工事の訴訟に関わる調査のため岡崎市に出かける必要があり、自家用車の中でラジオから被害情報を入手しながら出かけた。調査が終わって大学に赴く途中聞いたラジオ報道から、被害の大きさが徐々に実感できるようになった。

 大学に戻り、活断層分布図を確かめているときに、地元新聞社から同行取材の依頼があり、夕刻、近鉄で難波に向かった。大阪の様子は落ち着いていたが、大渋滞で尼崎のホテルに一泊し、翌朝、被災地に入った。被災地を見て、あらゆるものが壊れている情景に言葉を失った。現地を訪れた建築技術者は、皆同じ思いを抱いたと思う。

戦後最大の被害で時代を画した大震災

 大都市・神戸をはじめ、人口が密集する京阪神地区を強い揺れが襲い、5千人もが犠牲になった1959年伊勢湾台風を上回る戦後最悪の自然災害となった。西日本での大地震は、3700人を超す犠牲者を出し震度7を新設する契機にもなった1948年福井地震以来である。しかし、平成になって、1993年釧路沖地震、北海道南西沖地震、1994年北海道東方沖地震、三陸はるか沖地震と、北海道や東北の地震が続発し始めていた。

 平成に改元した1989年には、消費税の導入、ベルリンの壁の崩壊、マルタ会談による東西冷戦終結など歴史的な出来事が続いた。1990年には東西ドイツ統一、1991年に湾岸戦争勃発、ソ連の崩壊と続いた。この頃から、日本の景気も後退し始め、バブル崩壊で雲行きが怪しくなった。そして、1993年に自民党分裂と細川内閣成立、1994年には自社さ連立の村山内閣成立と、東西冷戦や55年体制が終わり、社会の価値観も大きく変わるときだった。地震発生2カ月後には地下鉄サリン事件も発生した。まさに、阪神・淡路大震災は日本の時代を画す一大事件だった。

未明の地震のため自宅の倒壊が命を奪った

 2006年5月19日に消防庁が被害を確定させいるが、この地震での死者は6434人、行方不明者は3人だった。死者のうち6402人は兵庫県で発生した。負傷者は重傷10,683人、軽傷33,109人に及ぶ。なお、死亡率は福井地震や1923年関東地震の方が上回る。

 未明の地震だったため、自宅で就寝中の人が多く、住家の倒壊が犠牲者の死因の8~9割を占めた。万一、昨年の大阪府北部の地震のように、地震発生時間が2時間遅れていたら、多くの人は通勤・通学途上で、新幹線も走っていた。万一脱線すれば、福知山線の事故のような惨状が多数発生したと想像される。また、昼間の地震であれば、倒壊したオフィスビルや工場の中で犠牲になる人が多く、その安否確認に手間取ったであろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

福和伸夫

福和伸夫(ふくわ・のぶお) 名古屋大学減災連携研究センター長・教授

1957年に名古屋に生まれ、81年に名古屋大学大学院を修了した後、10年間、民間建設会社にて耐震研究に従事、その後、名古屋大学に異動し、工学部助教授、同先端技術共同研究センター教授、環境学研究科教授を経て、2012年より現職。建築耐震工学や地震工学に関する教育・研究の傍ら、減災活動を実践している。とくに、南海トラフ地震などの巨大災害の軽減のため、地域の産・官・学・民がホンキになり、その総力を結集することで災害を克服するよう、減災連携研究センターの設立、減災館の建設、あいち・なごや強靭化共創センターの創設などに力を注いでいる。

福和伸夫の記事

もっと見る