メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

沖縄、徴用工問題に共通する安倍政権の上から目線

「唯一の解決策」と辺野古基地建設を強行、韓国への批判を強める外相ら

辰濃哲郎 ノンフィクション作家

 「本土の人には理解できないよ!」

 その鬼気迫る形相に、私はたじろいだ。

 電気工事店を営むその友人とは15年来、沖縄を訪ねるたびに会う仲だ。もうすぐ60歳を迎えるが、かつては重量挙げで鳴らした選手だ。隣に座っているだけで筋肉の熱量を感じる。そのわりに穏やかで、自分の意見を口にすることは滅多にない。人の話に相槌をうちながら、いつもニコニコと聞き役だ。ましてや政治的な発言などこれまで聞いたことがない。

 昨年11月下旬、彼は沖縄市の居酒屋で珍しく深酒をして饒舌になっていた。

 いきなりだった。

 「あの徴用工の判決、どう思う?」と尋ねられた。その1カ月ほど前に、韓国の大法院(最高裁)が元徴用工の賠償請求を認める判決を下し、日本・韓国両政府の応酬が繰り広げられていた。

 私は少し戸惑って答えた。

 「請求権協定もあるし、だからといって個人の補償は閉ざされていないし……」

 すると急に前のめりになって、声のトーンを上げた。

 「踏みにじられたほうは、過去をけっして忘れないんだよね。踏んでいるほうは気づかずに『粛々と』なんて言うけどさ」

 彼の言いたいことはすぐに理解できた。

 彼は戦後生まれだが、沖縄戦の話は学校でも家族からも聞いている。本土の捨て石となって戦い、12万人もの県民が命を落とした。なのに、日本の独立の時に沖縄は切り捨てられ、長く米軍統治下に置かれた。民有地が強制的に奪われて米軍の基地になっていく。1972年には本土復帰を果たしたが、基地は減らない。それどころか本土の負担の割合は7:3で固定化されてしまっているのは、彼らにとってみれば本土の差別意識の表われに見える。そのうえで辺野古に新たな米軍基地を作るという。「踏みにじられた」というのは、まさしく彼の実感に違いない。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

辰濃哲郎

辰濃哲郎(たつの・てつろう) ノンフィクション作家

ノンフィクション作家。1957年生まれ。慶応大卒業後、朝日新聞社会部記者として事件や医療問題を手掛けた。2004年に退社。日本医師会の内幕を描いた『歪んだ権威』や、東日本大震災の被災地で計2か月取材した『「脇役」たちがつないだ震災医療』を出版。

辰濃哲郎の記事

もっと見る