メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

なぜ日本の捕鯨は理解されないのか

IWC脱退について「おクジラさま」監督の見方

佐々木芽生 映画監督・プロデューサー

 日本は昨年12月26日、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を、窓口となる米国政府に通告した。今年6月30日に脱退の効力が生じ、日本は排他的経済水域(EEZ)内での商業捕鯨を再開するという。この日本の判断と、これまでの歩みをどのように見るか。アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した「ザ・コーヴ」でイルカ漁が取り上げられた和歌山県太地町を取材し、ドキュメンタリー映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」を2016年に完成させた佐々木芽生監督に話を聞いた。(聞き手・荻原千明 朝日新聞社会部記者)

拡大スロベニアでのIWC総会=2014年9月

IWC脱退という日本の選択は正しい

 日本がIWCを脱退するという報道を目にしたとき、「まさか」という驚きが最初にあった。日本は国際社会で足並みを乱したり、独自路線を歩んだりするということが、まずなかったから。だが、脱退自体は正しい選択だと思う。

 今のIWCは、「『鯨資源の保存』と『捕鯨産業の秩序ある発展』を図る」、つまり「持続可能な資源管理をして、みんなで末永く捕鯨をしましょう」という設立(1948年)当時の目的から外れてしまっている。まったく正反対の目的を持つ、鯨を獲りたい捕鯨賛成派と、鯨を保護したい捕鯨反対派が対立する政治パフォーマンスの場でしかなく、何も合意できなくなっている。機能不全の国際機関でこれ以上議論や交渉を重ねても無意味だ。日本の脱退で、IWCの存在意義そのものを問うべきときが来たのではないかと思う。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐々木芽生

佐々木芽生(ささき・めぐみ) 映画監督・プロデューサー

1962年北海道札幌市生まれ。1987年よりニューヨーク在住。2008年、初の監督作「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」を発表。2016年に長編ドキュメンタリー映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」を完成させ、昨年米国で劇場公開。初の書下ろしノンフィクション「おクジラさま ふたつの正義の物語」(集英社)で2018年の科学ジャーナリスト賞を受賞。