メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

救えた命、父親の攻撃に屈してしまった関係組織

野田市・虐待死事件の問題点と児童相談所改革を考える

山脇由貴子 家族問題カウンセラー

拡大死亡した女児が回答したものと同じ、千葉県野田市教委のいじめに関するアンケート。「ひみつを まもりますので、しょうじきに こたえてください」と記されている

 千葉県野田市で小4の女児が父親からの虐待によって死亡する事件が起きてしまった。この事件の経過を見ると、防げることができた、救える命だった、と確信する。

 今後、二度と同じような事件が起きないために、この事件の問題点を検証したい。

 まず、学校がいじめのアンケートに本人が父親からの虐待について書き、担任が聞き取りをし、児童相談所に通告、児童相談所が翌日に一時保護をした。ここまではスピーディで、良い対応だったと言える。

なぜ「重篤な虐待ではない」と判断したのか

 問題はその後だ。柏児童相談所は「重篤な虐待ではないと思い込んでいた」と記者会見で述べているが、なぜ、重篤な虐待ではないと判断したのか。アンケートには本人の訴え以外にも担任が聞き取ったメモがあり、そこには「叩かれる」「首を蹴られる」「口をふさがれる」「こぶしで10回頭を叩かれる」と書かれていた。明らかに重篤な虐待と言える内容だ。さらに児童相談所は一時保護中に、心愛ちゃん本人からも虐待について聞き取りをしているはずだ。加えて心理の専門家が心理テストを行い、心愛ちゃんの心の状態、心の傷の度合いなどもみているはずだ。学校で虐待について話すことが出来た子どもなのだから、児童相談所でも必ず話していただろう。

 一時保護中に児童相談所が行ったこと、その内容は公表されていないが、何を根拠に家に帰しても安全だと判断したのか、明らかにすべきだ。親との面談は8回も行っている。面談の中で児童相談所は父親から、母親から、何を聞き取ったのか。心愛ちゃんは虐待についてなんと語ったのか。心愛ちゃんの親への気持ちは。家に帰りたいと言ったのかどうか。

 心愛ちゃんの一時保護中、柏児童相談所は一度も心愛ちゃんと父親を会わせていない。8回の面談の中、母親は数回心愛ちゃんに会わせているが、父親とは会わせなかった理由を、児童相談所は心愛ちゃんが父親を怖がっていたから、と説明している。おかしな話だ。会わせられないくらい怖がっているのに、記者会見では「恐怖が和らいでいった」と述べている。会っていなければ暴力も振るわれないのだから、恐怖は軽減するかもしれない。でもそれは単に会っていないからであって、実際父親に会わせて恐怖が再燃しないか、そして、父親と心愛ちゃんが一緒にいる様子、父親の心愛ちゃんの態度も、何も確認せずに、家に帰してよいと判断して理由は、まったく理解出来ない。

 私も、児童相談所で勤務していた頃、虐待を受けて来た子どもの聞き取りや、心理テストを数多く行って来た。心は見えない。だからこそ、虐待による心のダメージを丁寧にみることによって、それまで子どもが受けて来た虐待が明らかになるのだ。そして子どもの訴えと意志は最優先しなければならない。そして、一時保護中に虐待者である親と子どもを会わせ、親の態度、親子の様子、子どもの気持ちの変化を確認するのも、家に帰してよいかの判断のために非常に重要なのだ。

 加えて児童相談所は、最低限、親が虐待を認め、反省をし、2度としないと約束しない限り、子どもを家に戻す、という判断はしてはならない。しかし柏児童相談所は、父親が虐待を認めていないにも関わらず、家に戻してしまっている。柏児童相談所は、「重篤な虐待ではない」と思い込み、家に帰しても心愛ちゃんは安全だ、と考えた理由が「痣(あざ)の程度が軽かった」というだけであるなら、あまりにも浅はかだ。医師によるPTSDの診断があったという情報もある。心愛ちゃんの心は深く傷ついていた、ということだ。身体に傷がなければ、心に傷があっても虐待ではない、ということなのだろうか。これは、全国の多くの児童相談所に共通していることかもしれない。なぜ、身体の傷、痣だけを重視して、子どもの心の傷を軽く扱うのだろう。

 加えて、母親は、児童相談所に対して、DVの相談もしていた。虐待に加えて、父親から母親に対するDVもあるのであれば、家庭に戻せない理由が増えた、ということになる。母親は、子どもを守れないのだ。柏児童相談所は、この対応について、自分達はDVの専門機関ではないから、と説明し、専門機関につながなかったことについての非は認めているが、DVがある家庭に子どもを戻す、という選択肢は児童相談所にはないはずなのだ。それなのに児童相談所が心愛ちゃんを家に戻したのは、結局児童相談所は、父親からの恫喝に負けたのだとしか思えない。だから、会うことすら怖がっている父親のもとに、心愛ちゃんを帰したのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山脇由貴子

山脇由貴子(やまわき・ゆきこ) 家族問題カウンセラー

東京都出身。横浜市立大学文理学部心理学専攻卒。東京都に心理職として入都。福祉園勤務を経て、都内児童相談所に児童心理司として19年間勤務。2015年「山脇 由貴子 心理オフィス」開設。著書『教室の悪魔』『震える学校』(共にポプラ社)、『モンスターペアレントの正体』(中央法規出版)『友だち不信社会』(PHP新書)『あなたを困らせる社内の病的人格者たち』(講談社)、『告発 児童相談所が子供を殺す』(文春新書)、他。