メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

大石芳野が撮る、声なき人々の終わりなき戦争・中

民族・宗派・宗教の対立/大石芳野写真展「戦禍の記憶」が開幕

徳山喜雄 ジャーナリスト、立正大学教授

米軍は「誤爆」と発表したが、付近一帯の住宅が破壊され、死傷者がでた。ここに遊ぶ子どもたちも「もの凄い爆音だった」(アフガニスタン・カンダハル州、2003年)©Yoshino Oishi
拡大米軍は「誤爆」と発表したが、付近一帯の住宅が破壊され、死傷者がでた。ここに遊ぶ子どもたちも「もの凄い爆音だった」(アフガニスタン・カンダハル州、2003年)©Yoshino Oishi

 「声なき人びとの、終わりなき戦争」を撮った大石芳野写真展「戦禍の記憶」が、東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催され、話題になっている(5月12日まで)。大石は40年間にわたって世界各地の戦争の傷痕にレンズを向けてきた。

 「メコンの嘆き」(上)、「民族・宗派・宗教の対立」(中)、「アジア・太平洋戦争の残像」(下)を柱に、3回に分けて紹介する。

人も大地も疲弊しきった戦乱のアフガニスタン

 1989年秋、東西ドイツの「ベルリンの壁」が崩壊し、冷戦が終わった。世界の多くの人びとは、自由を謳歌(おうか)できるバラ色の時代が来るのではないかと期待した。しかし、現実はそうはならなかった。世界各地で民族紛争が噴出、凄惨(せいさん)な殺戮(さつりく)が繰り返された。

 「民族・宗派・宗教の対立」では、部族間の内戦がつづくアフガニスタン、セルビア武装勢力による「民族浄化」作戦が繰り広げられたバルカン半島のコソボ、埋蔵資源をめぐって民族が対立するアフリカのスーダンに焦点をあてた。さらに、ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の犠牲者にも迫る。

 大石は土門拳賞を受賞後、2002年に初めてアフガニスタンの首都カブールを訪れた。「街は破壊され、まるで古代の遺跡群のなかを歩いているかのような錯覚に陥りました」。人影もまばらで、長期にわたる戦乱の痕跡をまざまざと見つけられた。

 2001年9月11日、米国で同時多発テロが勃発。米軍は首謀者が潜むとされるアフガニスタンを攻撃、いまでも戦争状態がつづいている。1979年に旧ソ連軍が侵攻、10年間もの激しい戦闘があり、撤退後は民族間による内戦に突入。終わることのない戦争で、人びとも大地も疲弊しきっていた。

ラサー(28、前列右)はタリバンに村を襲撃され、逃げるときに夫が銃で殺された。姑や姪たちと破壊された我が家で途方に暮れる(アフガニスタン・カブール、2002年)©Yoshino Oishi拡大ラサー(28、前列右)はタリバンに村を襲撃され、逃げるときに夫が銃で殺された。姑や姪たちと破壊された我が家で途方に暮れる(アフガニスタン・カブール、2002年)©Yoshino Oishi

 瓦礫となった我が家にたたずむ4人の女性を撮影した1枚がある。その打ちひしがれた表情から戦争の惨(むご)たらしさが如実に伝わる。ラサー(28)は、イスラム原理主義のタリバンに村を襲撃され、夫が銃殺された。「突然のことだった。これから先、子ども7人とどうしよう」と嘆く。

 「夫が生きていたら、どうにかなるかもしれない。イスラム社会では女性は生きづらい。未亡人は兄弟のメイドなどになり、なんとか生き抜くしかない。親戚とはいえ子どもは差別されることになる。やむを得ず売春をする女性もいます」と大石はその厳しさを語る。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

徳山喜雄

徳山喜雄(とくやま・よしお) ジャーナリスト、立正大学教授

1984年朝日新聞入社。写真部次長、「AERA」フォト・ディレクターなどを経て、2016年に退社。新聞社では東欧革命や旧ソ連邦の崩壊など共産圏を取材。17年から現職。著書に『新聞の嘘を見抜く』(平凡社新書)、『安倍官邸と新聞』(集英社新書)など。

徳山喜雄の記事

もっと見る