メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

「令和」の象徴天皇像への模索

国民とともに考える皇室報道

徳山喜雄 ジャーナリスト、立正大学教授

拡大雲仙・普賢岳の噴火による避難所でひざをつき、避難住民の話をお聞きになる天皇、皇后両陛下=1991年7月10日、長崎県島原市

 東京都内の百貨店で「天皇皇后両陛下 ともに歩まれた60年」と題された写真展をみた(注)。ご成婚にはじまり現在の姿まで、両陛下の歩んだ長い道のりを振り返ることができた。

 1枚の目を引く写真があった。即位3年目の1991年6月3日に雲仙・普賢岳が噴火、大規模火砕流が発生し多数の犠牲者が出るなか、天皇皇后両陛下は被災地の長崎県島原市を7月に訪問。天皇はネクタイをはずして白いカッターシャツの腕まくりをし、避難所の堅い床に膝をついて被災者一人ひとりにお見舞いをされた。

 これまでの天皇では考えられない姿で、国民との距離が一挙に縮まる印象深い光景だった。以降、国民が災害に傷つけられるたびにこの姿勢は貫かれ、皇室全体にも踏襲されていった。

 政府は4月1日の臨時閣議で、「平成」に代わる新たな元号を「令和(れいわ)」と決定。典拠は日本に現存する最古の歌集「万葉集」にある漢文で、初めて和書から引用された。

 新元号は、菅義偉官房長官が首相官邸で記者会見し、「令和」と記した墨書を掲げて発表した。元号を改める政令は天皇陛下が署名し即日交付、皇太子さまが新天皇に即位する5月1日に施行される。

 前回は1989年1月に昭和天皇が逝去し、新たな元号「平成」は今回と同様に官房長官だった小渕恵三氏が発表した。当時、全国紙の写真記者だった私はこのときの様子を首相官邸で撮影しており、「あれから30年もたったのか」と思いだされた。

 そのときは生前退位ではなく、天皇死去に伴うもので重苦しい空気が日本全体を覆い、今回の新元号発表とは街の雰囲気もずいぶんと違うものだった。自粛のため、夜の銀座が真っ暗だったことも鮮明に覚えている。

(注)写真展「天皇皇后両陛下 ともに歩まれた60年」巡回スケジュール(入場無料)
・東急百貨店吉祥寺店 4月4日~14日
・静岡伊勢丹 4月10日~15日
・大丸京都店 4月17日~30日
・東武宇都宮百貨店 4月18日~29日
・札幌三越 4月18日~29日

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

徳山喜雄

徳山喜雄(とくやま・よしお) ジャーナリスト、立正大学教授

1984年朝日新聞入社。写真部次長、「AERA」フォト・ディレクターなどを経て、2016年に退社。新聞社では東欧革命や旧ソ連邦の崩壊など共産圏を取材。17年から現職。著書に『新聞の嘘を見抜く』(平凡社新書)、『安倍官邸と新聞』(集英社新書)など。

徳山喜雄の記事

もっと見る