メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

日本のバレエダンサー教育に変化の可能性

日本のバレエダンサー教育に変化の可能性

菘あつこ フリージャーナリスト

拡大「バレエアカデミー」の様子(名古屋市芸術創造センター提供)

 英国ロイヤルバレエ団の高田茜さんや平野亮一さん、ウィーン国立バレエ団の橋本清香さんと木本全優さん、マリインスキー・バレエの永久メイさん――などなど――挙げればキリがないほど、今、日本人ダンサーは世界中の主要バレエ団でプリンシパル(最高位ダンサー)にのぼりつめるなど、大活躍している。私は「SWAN MAGAZINE」(平凡社発行)というバレエ誌で「世界の劇場から、こんにちは!」という日本人で海外でプロとして活躍するダンサーを紹介する記事を連載させていただいているが、紹介する候補が尽きることはなく、どんどん増えて到底紹介しきれないように思えてくるほどだ。

公立の「バレエ学校」で育つ、欧州やロシアのダンサー

 彼ら彼女らは、ヨーロッパやロシアといったバレエの本場と言える国々で育ったダンサーたちとも比較された上で、昇進したり、大役に抜擢されたりしているわけだが、受けて来たバレエ教育のシステムは、日本とそれらの国では随分違う。その中でも国によって多少の違いはあるが、ヨーロッパやロシアには、10歳くらいから18歳くらいまで、才能のあるダンサーを選んで、プロになるための専門教育を行う“バレエ学校”というものがある。

 大抵は国立や州立などの公立。バレエにあまり馴染みのない方でも聞いたことがあるだろう「パリ・オペラ座バレエ学校」や「ボリショイ・バレエ学校」、「ワガノワ・バレエ学校」などがそれだ。数十倍の競争率で選ばれた生徒たちが、入学後も才能がないとなれば退学、という厳しいシステムの中、磨かれていくドキュメンタリー等が印象に残っている方もいらっしゃるだろう。そういったバレエ学校は、アジアでも共産主義時代にソ連の影響が大きかった中国などにはあり、必ずしもヨーロッパやロシアだけのものではない。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

菘あつこ

菘あつこ(すずな・あつこ) フリージャーナリスト

立命館大学産業社会学部卒業。朝日新聞(大阪本社版)、神戸新聞、バレエ専門誌「SWAN MAGAZINE」などに舞踊評やバレエ・ダンス関連記事を中心に執筆、雑誌に社会・文化に関する記事を掲載。文化庁の各事業(芸術祭・アートマネジメント重点支援事業・国際芸術交流支援事業など)、兵庫県芸術奨励賞、芦屋市文化振興審議会等行政の各委員や講師も歴任。著書に『ココロとカラダに効くバレエ』。

 

菘あつこの記事

もっと見る