メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

それでも先生になりたい アルバイト教師の実態

収入は正規よりずっと低いのに、きつい仕事ばかり回ってくる。これでも同じ「先生」か

佐久間亜紀 慶應義塾大学教授

拡大KPG Payless/shutterstock.com_

 前回記事『先生が足りない! 教育現場の悲鳴』では、公立学校の教員不足が深刻化し、アルバイト教師に頼るしかない実情を報告した。なぜそこまで教員不足が進んだのか。その理由を探る前に、今回はアルバイト教師たちの実態を伝えたい。

6年生の担任になったアヤネさん

 「わたし、次の学校では、6年の担任らしいです」

 こんなラインが、春、アヤネさん(仮名)から送られてきた。

 「あれ、アヤネさん、教員採用試験受かったんだっけ?」

 「いえ、まだ臨採です!」

 私は絶句した。

 アヤネさんは、おととし大学を卒業したばかり。小学校教員をめざしていたが、教員採用試験に2回連続で不合格。でも、家庭の経済的事情でお金も必要なので、アルバイトで先生の仕事をしながら、教採の合格をめざしていたはずだった。

 教員経験がまだ2年しかない、しかもまだ「臨採」の先生に、一番仕事が難しくて大変な6年生の担任をさせるとは……。

 返す言葉を失った。

 「臨採」とは、臨時採用教員の略。学校教育の現場で広く使われている言葉だ。正式には「臨時的任用教員」と呼ばれ、非正規雇用されている教員の一種にあたる。

 労働の非正規化が社会のあちこちで拡大しているが、その波は教育界にも押し寄せている。2001年以降は、学校現場でも先生の「非正規化」が進んだ。いってみれば、アルバイトのような枠で採用される先生が、急激に増えたのだ。

 2001年まで、教職のほとんどは正規雇用枠で、身分が不安定な非正規雇用は、例外的な2つの場合に限られていた。

 一つは、非常勤講師という雇用形態で、主に中学校や高校で、英語科とか国語科とか、特定の学年の特定の授業だけを受け持つ。職位は一番下の講師の扱いで、しかも非常勤なので、「1コマいくら」の時間給で契約して、職務は授業だけに限定されている。自分の病気で休んだり、長期休暇で授業がなかったりするときは、収入がない。

 もう一つは、産休・育休代替と呼ばれる雇用形態だ。正規雇用されている先生が、妊娠出産休暇を取得したり、育児休業を取得したりして正規枠に欠員が生じたときに、その期間だけの任期付きで、いわば「代打」として教壇にたつ。

 休暇をとる先生が担っていた職務のほとんどを引き継ぐので、学級担任や部活顧問なども任され、フルタイムの常勤扱いになる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐久間亜紀

佐久間亜紀(さくま・あき) 慶應義塾大学教授

1968年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学後、博士(教育学)。東京学芸大学准教授などを経て、現職。専門は、教育方法学、教師教育、専門職論。教師の力量形成の方法やその歴史を、日米比較やジェンダーの視点から研究するとともに、実際に各地の学校現場で、教師達と共に授業づくりに取り組んでいる。授業研究会「第三土曜の会」主宰。主著に『アメリカ教師教育史』(東京大学出版会、2017年、第13回平塚らいてう賞受賞)、共編著『現代の教師論』(ミネルヴァ書房、2019年)など。

佐久間亜紀の記事

もっと見る