メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

PTAを「保護者が学校にモノ申す場」にした2人

校長とPTA会長はどうやって改革を進めたのか? 改革は広がるのか?

田中聡子 朝日新聞文化くらし報道部記者

 運動会の受付、バザーの準備、ベルマーク集め――。ともすれば「学校の嫁」のような扱いをうけるPTAを「保護者が学校にモノ申す場」に変えた学校があります。

 神戸市立・本多聞(ほんたもん)中学校。

 6年前に改革に着手し、PTA役員が定期的に校長に直接意見を言う場を設けたところ、押し付け合いだった本部役員が立候補で決まるようになったと言います。

 改革の中心となったのは、校長だった福本靖さん(57)とPTA会長だった今関明子さん(50)。「変えようとしても思うように行かない」「変える方が大変」となかなか進まないことが多いPTA改革は、なぜうまくいったのか。2人に聞いてみました。

拡大福本靖さん〔右)と今関明子さん

発想を変えないといけないのは校長

――PTA改革は、なんとか「変えよう」というところまでたどりついても、校長の反対で進まないという話を何度も耳にしました。「面倒を起こさないでほしい」という考えなのでしょうか。そんななか、校長主導で改革したというのはきわめて異例のケースです。

福本 PTAについて、発想を最も変えなければいけないのはやはり校長ですよ。教員の多忙化が問題になっているように、このままでは学校現場は持たないでしょう。そう分かってはいても、教員が増えるわけではないので、多くの校長は具体策を描くことができていないと思います。でも、子どもたちのための学校運営という視点で考えれば、PTAが欠かせない存在だと分かるはずです。

 とはいえ、それはいわゆる「お手伝い」ではありません。「子どもたちのために、親と学校が議論し、協力する」ということです。そのために設けた「運営委員会」です。学校が保護者に意見を求め、保護者から学校へ疑問や意見を言う場です。PTAは保護者と学校がざっくばらんに意見交換できる貴重な存在になりました。

今関 私はそもそも、PTAで親がいやな思いをするのをなくしたいと考えていました。くじ引きして役員を決めるくらいなら、なくせばいいのに、と。そういうPTAを「変えたい」「おかしい」と思っていたのが私で、異なる視点から「変えたい」と思っていたのが福本先生でした。

――問題意識は違ったのですね。

今関 そうなんです。お互い、旧態依然のPTAを「いややな」と思っていたのは同じ。でも、問題だと感じていることは違ったんです。私は目先の「強制をやめよう」ということだけだったので、福本先生の「学校運営に保護者を巻き込まないといけない」というスケールの大きな話を聞きながら、内心では「で、役員決めのくじ引きは賛成なん?」なんて思っていたんです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中聡子

田中聡子(たなか・さとこ) 朝日新聞文化くらし報道部記者

2006年、朝日新聞社入社。盛岡総局、甲府総局、東京本社地域報道部を経て、17年から文化くらし報道部。PTA、二分の一成人式などの教育現場の問題のほか、自治会など地域コミュニティーへの動員などについて取材している。

田中聡子の記事

もっと見る