メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

渋谷川とふたつの五輪――川の流れのように

武田徹 評論家

ライトアップされる渋谷川。再開発された複合施設(左)の対岸には古い建物が残る=東京都渋谷区2018年12月拡大ライトアップされた渋谷川。再開発された複合施設(左)の対岸には古い建物が残る=2018年12月

 2020年五輪前の東京・渋谷駅とその周囲は、21世紀を迎えた頃からずっと工事中だ。

 地上3階の銀座線から地下5階の東横線・副都心線までを地層のように重ねた巨大な駅が新しく整備され、駅と繋がる高層ビルが新たに何本もそびえつつある。渋谷には「若者の街」の形容が冠されることが多いが、若者のなかには工事中の渋谷しか知らない世代も増えている。

 再開発の規模の大きさから現在の日本で「最大の工事現場」と呼べそうな渋谷は、1964年五輪当時はどのような街だったのだろうか。

 渋谷「周辺」にまで話を広げれば、そこは、言うまでもなく64年五輪で最も大きく変貌したエリアである。利用可能な広大な空間がそこにはあった。代々木練兵場等の軍事施設用地跡に造られた米軍住宅地“ワシントンハイツ”の土地だ。日米地位協定によって日本人立入禁止の治外法権区とされていた、いわくつきの場所に対して、東京都と日本政府は調布飛行場に隣接する土地との交換を提案して折衝、願い叶って立ち退きがなされた場所に五輪用の競技場や選手村が造られた。五輪開催は、占領の終了後も都心に存在していた広大な米国の“植民地”のひとつをとりあえず返還させる口実にもなったのだ。

渋谷区代々木神園町の上空から、代々木公園(旧ワシントンハイツ)内に完成した東京オリンピック代々木選手村(中央)周辺を空撮。上は代々木競技場。下は明治神宮の森拡大代々木公園(旧ワシントンハイツ)内に完成した東京オリンピック代々木選手村(中央)周辺。上は代々木競技場。左下は明治神宮の森=1964年

 だが、そこに造られた五輪関連施設は地名からして「代々木」の冠称がつき、距離的にもイメージとしても渋谷からは多少の隔たりがあった。それに対して文字通りの「渋谷」である駅とその周囲はどうだったのか。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

武田徹

武田徹(たけだ・とおる) 評論家

評論家。1958年生まれ。国際基督教大大学院比較文化専攻博士課程修了。ジャーナリストとして活動し、東大先端科学技術研究センター特任教授、恵泉女学園大人文学部教授を経て、17年4月から専修大文学部ジャーナリズム学科教授。専門はメディア社会論、共同体論、産業社会論。著書に『偽満州国論』、『流行人類学クロニクル』(サントリー学芸賞)、『「核」論――鉄腕アトムと原発事故のあいだ』『戦争報道』、『NHK問題』など。

 

武田徹の記事

もっと見る