メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

渋谷川とふたつの五輪――川の流れのように

武田徹 評論家

渋谷の発展は川を地下に埋めてゆく歴史

 渋谷の由来を辿れば、その名の通り「谷」だった。淀橋台地は宇田川と穏田川によって東西渋谷台地と淀橋台地の3つに切り分けられ、2本の川は合流して渋谷川となる(上流の穏田川まで含めて渋谷川と呼ぶこともある)。神奈川県伊勢原にある大山阿夫利(おおやまあふり)神社参拝者が利用した「大山街道」は西渋谷台地を渋谷川に向かって道玄坂を下り、川を越えて宮益坂によって東渋谷台地を上る。大山街道が渋谷川を渡る宮益橋――今ではそこが橋だったことは忘れられている――が渋谷の中心だった。

 今回はそんな谷を走る川に注目してみよう。

 渋谷の発展は川を地下に埋めてゆく歴史でもあった。宇田川は栄通り(現在の東急文化村通り)に沿って流れて渋谷川に合流するが、1905(明治38)年に川の水面上に家屋を造ることが特例的に許され、いち早く簡易的に暗渠化されている。しかし、ただ川の上に家を建てただけなので、水が増えるとあっけなく浸水する。そこで宇田川を途中から分流し、川の水量を受け入れる地下バイパス水路を新たに造った。

東京・渋谷の宮益坂(手前は渋谷川)=1910年頃(明治末期)拡大東京・渋谷の宮益坂(手前は渋谷川)=1910年ごろ

 それ以外の川が地下化されるのは戦後になってからだ。そこでも他の東京改造工事と同じく五輪開催で弾みがつけられている。60年3月に東京都は東京都市計画下水道特別委員会を設置、翌年(61年)10月に東京都都市計画審議会に答申が提出され、了承される。その、いわゆる「サブロク答申」の中では「東京都内の一部を除いたすべての河川を暗渠化し、下水道幹線とする」と謳われていたし、審議会の議事録には首都高速道路建設でも大鉈(おおなた)を振るった首都整備局長・山田正男が「ふだん水の流れない、降雨時だけ水が流れる川、こういうものは私は市街地の中にあるべきではないと思う」と発言している。

 川は都市に不要――そんな断言までなされた時代背景は配慮する必要がある。戦前には東京23区内でも多くの水田があり、降雨や湧水で足りない分は玉川上水などの水を水田の間を流れる小川=水路を通じて流していた。しかし宅地化が進んでほとんどの水田が消え、水を流してやる必要はなくなった。それが山田の言う「ふだん水が流れない」「降雨時だけ水が流れる川」だ。そうした川に今度は宅地化による生活排水が流れ込むようになる。もちろんトイレの汚物まで川に流したわけではなく、水洗便所普及前は地下の肥溜めにためて汲み取り車=バキュームカーで集めに回っていた。こうして排泄物は一応分離されていたとはいえ、残飯なども含む生活排水が流される小川は臭ったはずだ。

 そこで、特にオリンピック関係施設の近くの下水道整備が最優先の事業としてリストアップされる。たとえば宇田川上流の支流のひとつ、河骨川は小田急線参宮橋駅の近く、代々木練兵場に沿って緩やかなカーブを描いて流れていた。その風情を「春の小川はさらさらゆくよ」と歌ったのが1912年当時に川の近くに住んでいた高野辰之で、その詩は曲をつけられ小学校唱歌として親しまれてきた。

 だが、そんな“春の小川”は1963年に消えている。五輪選手村敷地に沿って拡幅された道の地下に代々木下水道幹線が埋設され、雨水や生活排水も受け入れるようになり、河骨川と宇田川の上流は埋められて元の川筋を彷彿させるゆるやかなカーブの道になった(田原光泰『「春の小川」はなぜ消えたか』乃潮)。渋谷川のもう一つの源流である穏田川も千駄ヶ谷下水道幹線が作られ、63年までに全水量を下水道で受け入れたので川自体が消滅している。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

武田徹

武田徹(たけだ・とおる) 評論家

評論家。1958年生まれ。国際基督教大大学院比較文化専攻博士課程修了。ジャーナリストとして活動し、東大先端科学技術研究センター特任教授、恵泉女学園大人文学部教授を経て、17年4月から専修大文学部ジャーナリズム学科教授。専門はメディア社会論、共同体論、産業社会論。著書に『偽満州国論』、『流行人類学クロニクル』(サントリー学芸賞)、『「核」論――鉄腕アトムと原発事故のあいだ』『戦争報道』、『NHK問題』など。

 

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

武田徹の記事

もっと見る