メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

人はなぜやつ当たりをするのか?その心理学的分析

「攻撃の置き換え傾向尺度」で自らのやつ当たりのしやすさを測ってみては……

淡野将太 琉球大学教育学部准教授

拡大Leremy/shutterstock.com

あまり知られていないやつ当たりの心理学的研究

 やつ当たり。ほとんどの人が経験しているだろう。それは、家庭内暴力、学校におけるいじめ、職場におけるハラスメント、自動車の危険運転(車間距離不保持など)といった行動を説明し得る概念でもある。

 やつ当たりの心理学的研究は2000年代に入り、アメリカを中心に海外でさかんになった。筆者は学部を卒業した2006年、広島大学大学院に進み、攻撃行動を専門とする研究室で研究を開始したが、博士論文の執筆を視野に入れた研究テーマとして、海外でさかんに研究されていたやつ当たりを選んだのが、この分野に足を踏み入れたきっかけだった。

 以来、日本と海外でやつ当たりに関する論文を執筆したり学会で発表したりしてきたが、筆者の体感では、残念ながら、日本ではその研究はまだ、ほとんど知られてはいない。ただ、先述したように、やつ当たりは最近、日本で問題化している事象を説明できるキーワードである。その実態を知ることは、攻撃行動の低減や良好な対人関係の構築に寄与するはずである。そんなわけで、本稿ではその心理学的研究を紹介する。

やつ当たりの定義は

 心理学において、やつ当たりをどう定義しているのか。
 挑発の源泉(怒りの原因など)ではない他の対象に危害を加えることを意図した行動――
である。

 やつ当たりは、「挑発の源泉」、「攻撃者」、「攻撃の対象」という三項関係において生起する。典型例は、会社で上司から叱責(しっせき)を受けた会社員が、帰宅後に家族に暴力を振るう、という行動である。この例における「挑発の源泉」は上司。「攻撃者」は会社員。「攻撃の対象」は家族である。

 ちなみに、一般的な攻撃行動(心理学では直接的攻撃と呼ぶ)は、「挑発の源泉」に対して攻撃を行うものである。つまり、「挑発の源泉」と攻撃の対象が同一である、二項関係において生起する。

 やつ当たりの場合、「挑発の源泉」は必ずしも人ではない。気温や騒音、臭いなども、不快と感じる水準に達すれば、「挑発の源泉」になりうる。例えば、暑さでイライラした大学生が友人に怒鳴る、といった行動である。この場合、「挑発の源泉」は暑さ、「攻撃者」は大学生、「攻撃の対象」は友人である。

 やつ当たりでは、「攻撃の対象」が人ではなく、モノのケースもある。例えば、親に叱られた児童が物を投げる、という行動である。「挑発の源泉」は親、「攻撃者」は児童、「攻撃の対象」はモノである。器物損壊の多くは、やつ当たりで説明できるのではないか。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

淡野将太

淡野将太(たんの・しょうた) 琉球大学教育学部准教授

1983年奈良県生まれ。広島大学大学院教育学研究科博士課程後期修了,博士(心理学)。沖縄が好きで2016年に琉球大学准教授のポストに就いて沖縄に移住。専門は教育心理学。 著書「The effects of interpersonal relationships on triggered displaced aggression. Kazama Shobo.」 研究室website「淡野将太の研究室

淡野将太の記事

もっと見る