メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「ウラ取り」コストの見える化が報道機関の役割に

倉沢鉄也 日鉄総研研究主幹

報道活動の「ウラ取り」のコストはもはや当然ではない

 報道機関の社会的価値、というと学術的な定義を含めて様々な論点があろうが、ここではシンプルに、事実確認(ウラ取り)、慎重な選定、吟味した表現、情報発信、それらに一定の競争性と多様性が保たれていること、という整理をしてみる。それらがかつては報道機関として当然持っているべきもので、 ・・・ログインして読む
(残り:約1476文字/本文:約3069文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

倉沢鉄也

倉沢鉄也(くらさわ・てつや) 日鉄総研研究主幹

1969年生まれ。東大法学部卒。(株)電通総研、(株)日本総合研究所を経て2014年4月より現職。専門はメディアビジネス、自動車交通のIT化。ライフスタイルの変化などが政策やビジネスに与える影響について幅広く調査研究、提言を行う。著書に『ITSビジネスの処方箋』『ITSビジネスの未来地図』など。

倉沢鉄也の記事

もっと見る