メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

転向の時代 「若さがマルクス主義をとらえたが」

日本会議と共闘する労働戦線は、どう作られてきたか <5>

藤生 明 朝日新聞編集委員

 白樺派の作家・武者小路実篤らが夢見た理想郷「新しき村」。宮崎県の山間部に拓かれて100年たった昨年、姜尚中・東大名誉教授と、埼玉の村(戦前、ダム建設に伴って宮崎から大半が移転)を訪ねた。60人ほどが暮らしていた高度成長期のにぎわいはなく、定住2世帯と単身者4人、近隣から通ってくる村民だけ。ただ、実篤の言葉が道端の標柱に刻まれ、その理想にふれた気がした。

拡大埼玉の「新しき村」を訪ねて、武者小路実篤氏の理想を聞く姜尚中・東大名誉教授=2018年8月3日、埼玉県毛呂山町、林紗記撮影
 同行取材をお願いしたのは、姜氏が傾倒する夏目漱石と、武者小路実篤や志賀直哉らが認め合う関係だったからだ。東大時代の実篤は漱石の授業に潜り込んで聴講したり、文壇から漱石が攻撃されると文芸誌『白樺』で擁護の論陣をはったりもした。

 そんな両者だったが、姜氏は白樺派について、学習院出身のお坊ちゃま集団という印象を抱いていたという。それが、訪問を機に調べると、恵まれた彼らだからこそ見えるモノがあったと知った。「貧しさ、社会の不平等の上に、自分たちの豊かさがあるという負い目。そこで人道主義を掲げ、行動した実篤はすごい」

 夏目漱石は、日露戦争後に社会問題化した、目標を失った青年たちに心を寄せ続けた。理想を掲げながら挫折し、悩む作中人物たち。そんな姿は白樺派の作家の生き様とも重なり合う。漱石は学習院に出講した際、こんな話をした。「君たちは権力も知恵もお金もある。無自覚に他者の自我を害しないようにしなさい」。自他の自我を大切にという村の精神に通じると、姜氏は言った。

 村はロシア革命の翌年に誕生した。日本では米騒動の時代だった。東大に新人会ができ、一部は後年、共産主義へ傾斜した。実篤らは左翼から「特権階級のお遊びだ」「空想的だ、生ぬるい」と批判されても、そうしたイズムに縛られなかった。

学生という特権階級への罪悪感

 旧民社・同盟の歩みをたどるこの連載で、新しき村を引いたのは、「負い目」から社会・労働運動に飛び込んだ人々が散見されるからだ。その一人に新人会幹事長、共産青年同盟委員長を務めた竪山(たてやま)利忠氏という人物がいる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤生 明

藤生 明(ふじう・あきら) 朝日新聞編集委員

1967年生まれ。91年入社。長崎、筑豊、小倉、博多に勤務。2001年、雑誌AERA。12年、新聞に戻り大阪、東京両社会部。17年から右派・保守国民運動を担当する編集委員。著書に『ドキュメント日本会議』『徹底検証神社本庁』(ともにちくま新書)