メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[30]「#私の住宅要求」が住宅政策を変える

「マインドコントロール」からの脱却をめざして

稲葉剛 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授

住まいをめぐる切実な声

・給料は増えないのに、家賃だけがどんどん上がってきてる。

・世田谷区で一人暮らししてました。しかし家賃の高い事!1K6畳で月6万円も取られ、仕送りが6割吹き飛びました。

・私も会社の家賃補助がなかったら手取りの給料の半分が家賃で消える。。。これでも都内では安い方とか言われるけど、家賃に加えて電気ガス水道食費もかかるし、引っ越し代とか家具家電とかも必要だったから全然厳しい。学生時代のバイト代を崩しながら暮らしてるよ

・私も40代前半だが、自立して生活しようにも最低賃金ギリギリの時給では一人暮らししようにもかなりキツイ。最低賃金ギリギリでも十分生活できる家賃にしてほしい。

・「最低賃金○時間分以上は、家賃として徴収してはならない」と決めてほしい。それで家主が苦しいってんなら、国が補助してさしあげて。

・部屋を借りる際の初期費用を安くして欲しい、敷金+礼金+保証金+保証人+火災保険でとんでもない額になります。あとは、若い単身者でも住める公共住宅があったほうが良いです。

・引っ越し費用が安ければ、うつになんかならなかった。

 住まいをめぐる切実な声の数々。これらの声は、私が世話人を務める「住まいの貧困に取り組むネットワーク」が今年5月下旬にTwitter上で呼びかけた「#私の住宅要求」というキャンペーンに寄せられたツイートである。

 このキャンペーンは、住まいに関する困りごとや住宅政策に関する要望を「#私の住宅要求」というハッシュタグを付けてもらって、各自発信してもらおうという内容だ。

 キャンペーン開始時、私は以下のツイートで呼びかけを行った。

・昨年、亡くなられた早川和男先生は、生前、「日本人は住宅に公的支援がないことに疑問を感じない。マインドコントロールにかかっているようなものだ」と指摘されていました。
#私の住宅要求 を声に出すことで、マインドコントロールから抜け出そう!

 住まいを基本的人権と位置付ける「居住福祉学」を提唱した早川和男神戸大学名誉教授は、『住宅貧乏物語』(1979年、岩波新書)、『居住福祉』(1997年、岩波新書)等の著作を通して、日本の住宅政策の問題点を指摘し続けてきた。同時に早川教授が強調していたのは、日本人の住宅に対する意識自体を変える必要性だ。私はその言葉をお借りして、まずは住まいについての困りごとをそれぞれが口に出すことで、意識を変えていこうと呼びかけたのである。

 「#私の住宅要求」キャンペーンは大きな反響を呼び、短い期間にさまざまな内容のツイートが発せられた。

 上記はその中から、家賃や初期費用の高さに関するツイートを抜粋したものだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

稲葉剛

稲葉剛(いなば・つよし) 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授

一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事。住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人。生活保護問題対策全国会議幹事。 1969年広島県生まれ。1994年より路上生活者の支援活動に関わる。2001年、自立生活サポートセンター・もやいを設立。幅広い生活困窮者への相談・支援活動を展開し、2014年まで理事長を務める。2014年、つくろい東京ファンドを設立し、空き家を活用した低所得者への住宅支援事業に取り組む。著書に『貧困の現場から社会を変える』(堀之内出版)、『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために』(エディマン/新宿書房)、『生活保護から考える』(岩波新書)等。

稲葉剛の記事

もっと見る