メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

がん 早期発見・早期治療が善であるとは限らない

一臨床医から見たがん検診の一般的な問題点

名郷直樹 「武蔵国分寺公園クリニック」院長

早期発見・早期治療の害

 早期発見・早期治療の害には様々なものがある。その主なものについて説明しよう。

1. 偽陽性、偽陰性

 がん検診でがんの疑いと言われた人が全員がんかというと、そうではない。それは単にがんの疑いというだけで、実は大部分の人はがんではない。がん検診で精密検査が必要だとされたにもかかわらずがんでなかった人は、がん検診における「偽陽性患者」で、この偽陽性を避けることができないというのは、がん検診の害の一つである。

 この偽陽性は単にがんの疑いをかけて不安にさせるというだけでなく、診断を確定するために針を刺して調べるとか、CT検査で被ばくするという身体的な害も含む。

 それに対し、偽陰性と言って本当は

・・・ログインして読む
(残り:約4464文字/本文:約5895文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

名郷直樹

名郷直樹(なごう・なおき) 「武蔵国分寺公園クリニック」院長

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東京大学薬学部非常勤講師。臨床研究適正評価教育機構理事。『健康第一は間違っている』(筑摩選書)など著書多数。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです