メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

憲法学者・木村草太氏がPTA問題に答える(上)

「PTAフォーラム」で参加者との間で交わされた質疑を紹介します

木村草太 首都大学東京教授(憲法学)

PTAフォーラムで木村草太教授と意見交換

 都内で「PTAフォーラム~取り戻そう、わたしたちの手に~」が5月18日に開かれ、現役校長らによる講演やグループワークに、PTAの会員や非会員、役員や議員、市長など全国から約90人が参加しました。(詳細は「さまざまな形ではびこるPTA問題を語り合った!」

 フォーラムでは、憲法を切り口にPTAの役員の決めの苦労や任意加盟、PTA改革などについて積極的に発信してきたの木村草太教授(憲法学)を講師に迎えた質問コーナーも。参加者との間で活発な意見の交換がおこなわれました。詳細を「上」「下」2回でお伝えします。PTAフォーラムを振り返って質問も最後に追加しています。(構成 堀内京子・朝日新聞記者)

拡大PTAフォーラムで話す木村草太さん=2019年5月18日(撮影・熊本日日新聞記者・原大祐)

司会(東京新聞記者・今川綾音) みなさま、こんにちは。今日は首都大学東京の木村草太教授をお招きしています。みなさまご存じの通り、木村先生は憲法を切り口に、PTAの役員決めの苦労や任意加入、PTA改革など、私たちの気になることを積極的に発信されています。今日は木村先生に「これはどうだろう?」という日頃の疑問を聞いてみてください。

法的には入退会が自由なPTA

★PTA会員
――明文化されていないルールが、「実はこうなの」と後出しジャンケンのように出てくることに悩んでいる。たとえば、「子どもが卒業するまでに役員をやらないといけない」とか「役員を1回やったらポイントがつく」とか。いつ誰が作ったルールかも分からないし、教育委員会などに相談窓口もない。会員はPTA規約に書いてないルールにも従わないといけないのか。

木村 入会時に、「明文化されていないルールがありますが、それにも無条件に従ってもらいます」という説明があり、それを認識したうえで入会届を出したのなら、原則として従う義務があるはずです。入会時に、そのような説明がないなら、入会の取消事由になるかもしれません。ただ、取り消さなくても、そんな不合理なことには従えないということなら、退会すればよいので、大きな問題ではないでしょう。

――「非加入が選択できる」とも言われていないのだけど。

木村 説明があろうとなかろうと、法的には入退会自由です。任意の説明のないPTAが不合理な活動をしている場合、「任意加入を徹底していない」という点だけを批判すればよいと思います。入退会の自由を周知せず、また、強制と誤解して会費を支払う人がいることを認識または期待して会費を取っているなら、詐欺罪でしょう。他方、PTAの活動は任意なので、不合理な運営をしたい人が集まって、不合理に運営しても、それは結社の自由でしょう。

――学校の「周年記念行事」のための積立金をPTA会費からしている。5年周期なので引き継ぎもないが、議員が来て式典、まんじゅう配って航空写真などに使う。PTAでやることなのか異議を唱えたら、「任意団体だからどんな活動でも受け入れるべきだ」と言われた。任意協力に変えたりすることができるのか。

木村 PTAはいつ解散してもいいし、やりたくなければやりたくないと伝えればいい。PTAを作る保護者には結社の自由があるので、学校に強制権はありません。


筆者

木村草太

木村草太(きむら・そうた) 首都大学東京教授(憲法学)

1980年生まれ。著書に『憲法の条件――戦後70年から考える』(NHK出版新書)、『検証・安保法案――どこが憲法違反か』(有斐閣)、『社会をつくる「物語」の力』(光文社新書)など。「強制加入は憲法違反」など専門の憲法を武器にPTA問題を斬る。