メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ヤクザ情報誌の盛衰と消滅

「実話時代」の時代の終わり

久田将義 TABLO編集長


拡大六代目山口組の篠田建市(司忍)組長=2011年4月9日

衰退の一途をたどったヤクザ情報誌

 内容は、例えばカラーページで「六代目山口組直系組長の素顔」や「住吉会義理場の模様」など本物のヤクザが堂々と登場。記事ページでは「ヤクザの親分のインタビュー」「現役若手ヤクザの連載」「刑務所内の待遇」などヤクザにかかわるテーマをこれでもかばかりと ・・・ログインして読む
(残り:約2117文字/本文:約3384文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

久田将義

久田将義(ひさだ・まさよし) TABLO編集長

TABLO編集長。1967年、東京都生まれ。法政大社会学部卒業後、産経メディックスに入社。三才ブックス、ワニマガジン社の後、ミリオン出版に移籍し2001年から「実話ナックルズ」編集長。06年に選択出版に移り、週刊朝日を経てミリオン出版に復帰。12年9月まで編集局次長。犯罪や芸能界に詳しい。著書に『トラブルなう』『原発アウトロー青春白書』『僕たちの時代』(青木理氏との共著)。

久田将義の記事

もっと見る