メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

災害大国のわりに準備ができていない国・ニッポン

いざ災害が起きたとき、タイムリーな対応ができるために何をするべきか?

田邑恵子 開発コンサルタント

拡大北海道地震の後、停電で消えた「さっぽろテレビ塔」の照明=2018年9月6日、札幌市中央区

災害への準備ができてない国

 8月になった。猛暑のなかで思い出すのは、昨夏、日本を襲った台風や豪雨など災害である。地球温暖化の影響か、地球の各地で異常気象が顕在化するなか、日本が再び、台風や豪雨の被害に遭う可能性は、高まっているように思う。くわえて、首都圏や太平洋岸を襲う地震はいつ起きても不思議ではないとも言われる。

 「日本は災害大国」という文章を目にするが、なんとなく「災害がしょっちゅう起きて、その準備がばっちりできている日本」というような印象につながっているような気がする。これははたして本当だろうか?

 長年、中東・アフリカでの開発支援や紛争地復興に携わってきた私は、世界のさまざまな災害の現場も見てきた経験を踏まえ、防災・減災にも取り組んできた。その経験からすると、「災害がしょっちゅう起きている割には準備のできてない国」というのが日本の実情に近いように思う。

 耐震基準、インフラ整備をはじめ、突出した技術に支えられたハードがある一方、情報の活用、関係機関の連携などのソフト面は進んでいない。そして、なにより地域差が大きい。東海地震、南海トラフに備えた地域の防災意識が比較的高い一方で、「災害慣れ」していない地域の備えは著しく低い。ただ、阪神淡路大震災、熊本地震など、災害は往々にして「ここには来ないと思っていた」地域を襲うものだ。

 日本はホントに大丈夫か?不安を覚えずにはいられない日本の防災について、あらためて考えてみたい。

準備がないと「人災」になる

 私は北海道の出身だが、北海道では釧路沖付近の北海道東部、えりも岬付近の北海道中央部を除いて地震は頻発しない期間が長く続いた。 札幌市では東日本大震災発生時も含めて、震度3以上の揺れを記録したことはたった17回しかなかった。実際、2013年9月から2018年9月までの5年間では、震度3以上の地震はわずか7回しかない。北海道民の多くが震度3以上の揺れを経験したことがなかった。そう。昨年9月の北海道胆振東部地震が発生するまでは……。

 繰り返すが、阪神淡路大震災(1995年)や熊本地震(2016年)など、災害はしばしば、ここには来ないと思っていた地域を襲う。北海道地震もしかり。北海道などの寒冷地では(2月の平均最低気温、札幌市・マイナス7度、日本一寒い町と言われる陸別町マイナス10度)、準備不足は「死」に直結する。胆振東部地震が9月ではなく真冬の2月に起きていたら、全停電、インフラ停止を起因とする死者が発生した可能性がある。準備不足ゆえに死人が出る。それはもう自然災害ではなく、「人災」に他ならない。

 私が災害には事前の準備が必要だと強調するゆえんである。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田邑恵子

田邑恵子(たむら・けいこ) 開発コンサルタント

中東・アフリカでの開発支援や紛争地復興に20年携わり、国連、JICA、国際NGOにて緊急下での子どもの保護、障害のある方の支援、防災・減災に取り組む。現在は中東を拠点にシリア支援、人道支援団体の能力育成を中心に活動している。報告書、イベント開催、メディア制作物(TV番組、ドキュメンタリー映画)を通じてのアドボカシーも展開。「急務だが誰も手をつけていない課題の掘り起こし」をライフワークに、東日本大震災と熊本地震後に日本国内の災害対応調査を実施。 様々な組織、専門家を「つなぐ」仕組み作りに力を注いでいる。London School of Economics and Political Science大学院卒。Vulnerability Multiplied in Syria : Report on the Survivors of Explosive Devices(難民を助ける会)、「災害と闘う」(セーブ・ザ・チルドレン)ドキュメンタリー制作