メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

立教大、半世紀ぶりの「箱根駅伝」なるか

中央大エースだった上野裕一郎を監督に。古豪復活へ「青学と奇妙な類似点」も

市川速水 朝日新聞編集委員

拡大箱根駅伝予選会。色とりどりの大学ユニフォームが本戦出場をかけて一斉にスタートした=2018年10月13日、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地

「立教箱根駅伝2024」計画

 駅伝ファンなら、「上野裕一郎」と聞いて、平成の中ごろの大学駅伝ブームを思い起こすのではないだろうか。

 2005年から2008年まで4年間、中央大のエース格として箱根、全日本、出雲の三大駅伝のほぼ全大会に出場。どの大会でも一度は区間賞を取り、中央大の上位入賞の定着に貢献した。箱根を初めて走った1年生の時には区間19位と大ブレーキになり、奮起した後の努力が活躍につながるというドラマも語り草だ。次々と前の選手を抜いていく走りから「ごぼう抜きの上野」とも称された。

 また、高校時代は佐久長聖でも活躍し、高校駅伝の名門校の地位を揺るぎないものにした。

 その上野氏が、「立教大学が2024年に箱根駅伝に出場する」という、大学ぐるみの一大プロジェクトで陸上競技部男子駅伝監督に就任した。

 33歳。昨年12月に横浜DeNAランニングクラブの選手からスカウトされ、半年余たった2019年7月13日、地元・長野県の上田市で開かれた立教大OB・OG(校友会)の集いで、郭洋春(カク・ヤンチュン)・立教大総長(60)とともに初めて同窓生100人以上を前に熱く抱負を語った。

 郭総長「体育会の部長(や監督)は、卒業生がなることが多い。でも51年間、箱根に出ていないとなると、ほとんど初めての経験。外から(人材を)お借りして新しい風、新しい考え方を採り入れることが出場に結びつくのではないかと…。いい方がいると聞いて、ダメ元でお声をかけた」
 上野監督「総長と最初にお会いした時にはものすごく緊張しましたが、ゼロからのスタート、ゼロから(チームを)作らせていただけるとおっしゃっていただき、これ以上の幸せはないと…。箱根出場を断言するとウソになってしまうのですが、早く出たいですね。あ!(2024年より)早く出ちゃだめなんだ!」(会場爆笑)

 立教が箱根に? なぜ2024年に? 

 私もこの「奇跡のような目標」を最初は冗談半分に受けとっていたが、郭総長や上野監督、大学関係者に話を聞くうちに、大まじめな「立教箱根駅伝2024」と名付けた事業計画は、かなり実現性があるのではないか、不可能とはいえないと思うようになってきた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る