メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

五郎丸が語る多国籍なラグビー日本代表【3】

多様性社会のショーケース

西山良太郎 朝日新聞論説委員

ツイートに込めた、日本代表10年の思い

 試合前後の報道は日本人選手に集中していた。ファンやラグビー関係者からは外国出身選手の多さに批判的な声も、毎度のことながらあった。それも影響していたかもしれない。

 ツイートに込めた思いを五郎丸選手に直接たずねると、「実は……」という言葉とともに、少し意外な答えが返ってきた。

・・・ログインして読む
(残り:約2707文字/本文:約3506文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

西山良太郎

西山良太郎(にしやま・りょうたろう) 朝日新聞論説委員

1984年朝日新聞社入社。西部(福岡)、大阪、東京の各本社でスポーツを担当。大相撲やプロ野球、ラグビーなどのほか、夏冬の五輪を取材してきた。現在はスポーツの社説を中心に執筆。高校では野球部、大学時代はラグビー部員。

西山良太郎の記事

もっと見る